キラーを使わなくても、特徴と対策がわかるブログ&動画「シェイプ」【デッドバイデイライト(DbD)】

キラーについて

みなさん、どうも( ´∀`)
今回のキラーは、スプラッター映画の「ハロウィン」のブギーマンこと「シェイプ」です。
視線がものすごく、白い仮面をしたキラーですがストーカー的な要素もあり、遠くから見つめる姿は恐怖すらあります。
また、特殊能力で索敵ができるだけでなく強力な一撃モードにもなれる一面もあり、人によっては恐怖を植え付けられたキラーではないでしょうか。
そんな、シェイプについて紐解いていきましょう。

▼おすすめのページ▼

・ゲームシステムについてはこちら
・サバイバー 一覧はこちら
・キラー 一覧はこちら
・デッドバイデイライトのTOPページに戻る

YouTubeはこちら

【ALE】エルザ レト
どうも、Elza(エルザ)といいます。 ゲーム実況と、攻略や解説を中心に配信をしています。 ゲームジャンルは、アクション・ホラー・RPGを中心にしています。 お洒落な雰囲気のゲームも好きですね。 実況動画投稿は毎日1本を上げるようにしています。 ゲームを複数並行プレイしている時は、2本アップもあるかも。 もちろ...

▼キラー説明書▼

1:キャラ背景

シェイプの背景
世の中には、単純に悪の種として存在する人間がいる。
純粋で曇りない、真の邪悪で満たされた種。
マイケル・マイヤーズはまさにその1人だ。彼は他人を傷つけることに躊躇するどころか、それこそが彼の望むことだった。
しかしこのような恐れるべき精神の持ち主にとってさえ、人生は時に苦難を伴うことがある。ただし常人との違いは、問題の解決方法だ。

マイケルの場合、内なる平穏を得るために彼は人を殺す必要があった。
彼が姉の命を奪ったとき、警察はピエロの格好をした大人しい少年を現場で見つけた。
広がる炎を見つけたときにガソリンをかける者はいないにもかかわらず、警察は同じことをしてしまった。
彼らは少年の身体の中に潜む悪魔がどのような姿を成すか想像できなかったのだ。
マイケルを精神病院に送ったのは、彼を救うにはあまりにも手ぬるい試みだった。
セラピーは効果を成さず、夜な夜な響く叫び声は、彼を更に内向的にし、狂気に陥れていった。
人々はマイケル・マイヤーズが忘れ去られて封印され、失敗としてすぐに風化することを望んでいた。

しかし・・・その後、彼は脱走してしまう。

2:特殊攻撃・特性

シェイプ 特殊攻撃

その他の特徴▼

Lv1移動速度 秒速4.2m
Lv2/Lv3移動速度 秒速4.6m
Lv1脅威範囲 0m
Lv2脅威範囲 16m
Lv3脅威範囲 32m
背の高さ 背が高い

2:アドオン

シェイプ アドオン

2:パーク

シェイプ パーク

1:最後のお楽しみ

【効果】
1人の生存者に執着する。
オブセッション以外の生存者に通常攻撃を命中させる度にトークンを1個獲得する。
1トークンにつき、通常攻撃成功後のクールダウンが5%ずつ減少する。トークンは最大8個まで獲得できる。
オブセッションを通常攻撃すると4・3・2個のトークンを失う。
オブセッション対象者が処刑されるか死亡すると、それ以降トークンを獲得することはできない。
・殺人鬼が一度に執着できる生存者は1人のみ。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv30で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「最後のお楽しみ」は、攻撃硬直軽減パークです。
オブセッション以外を攻撃命中したときのみトークンを獲得することができるため、サバイバーを追いかけた時に「ヴァン!」と音がしなければ攻撃しても問題なしです。最大40%の恩恵を受けることができるので、オブセッションさえ気を付ければ、短時間でチェイスを終わらせることも可能です。
ただし、オブセッションの見分けがつかないうちはなかなかトークンがたまらないのと、あまり攻撃しないとバレるので気をつけていきたいところ。

2:弄ばれる獲物

【効果】
1人の生存者に執着する。
オブセッション状態の生存者を追いかけて取り逃がすたびに、トークンを1獲得する。
1トークンにつき移動速度が3・4・5%上昇する。 通常攻撃または特殊攻撃を実行するたびに1トークンを消費する。

殺人鬼が同時にオブセッションにできる生存者は1人のみ

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv35で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「弄ばれる獲物」は、移動速度アップパークです。
こちらもオブセッションが絡むパークとなっており、あえて取り逃すというのが条件となっています。「最後のお楽しみ」は攻撃したら減るトークンですので、見つけて逃しても、こちらのパークでカバーできるという寸法ですね。
最大は、15%となっていますが、無理に溜めると自滅しますので、狙える時に狙うという感じにしましょう。

3:消えゆく灯

【効果】
1人の生存者に執着する。
オブセッション状態の生存者は、フック救助の速度と他の生存者の治療速度が33%上昇する。
オブセッション状態でない生存者をフックに吊るした時に、オブセッション状態の生存者がいればトークンを獲得する。オブセッション状態の生存者がいる場合、オブセッション状態でない生存者は修理、治療、破壊速度に対し、各トークンごとに2・2.5・3%のペナルティを受ける。

・複数の生存者が同時にオブセッション状態になることはない。

【ティーチャブルパーク解放条件】
Lv40で解放される。取得すれば他のキャラでもブラッドウェブに出現。

【使い所】
「消えゆく灯」は、行動遅延パークになります。
まず、このパークについては、トークンの上限がありません。そのかわり、オブセッションには救助に関する行動がスピードアップします。
オブセッションがいる状態なので、殺害せずに他のサバイバーをうまく潰していく必要があるパークですね。
ただし、「決死の一撃」などでオブセッションが変わる可能性もあるので、トンネルをする際は気をつけるようにしましょう。

4:キラーの使用感

内なる邪悪のLv3のタイミングが非常に難しかったです。見た目が黒いので闇に紛れてサバイバーを見ることはできるものの、長時間見続けるというのはなかなか難しいところですね。
解除されることはないので、しっかりゲージをためれば逆転もある試合が多くよかったです。
「付け回し」で索敵をすることも可能だったので、ゴーストフェイスのようにガンガン見ながら索敵するのはアリでしたね。
ただ、サバイバーがシェイプとわかるとかなり警戒をするので、発動をギリギリまで粘るのが肝だったように感じます。逆を言えば、やたら追いかけて来ないなって時はゲージを溜めてる証拠なので、バレないように溜めるのがコツだとは思いますね。あとは、発電機が全部治った時にも、すぐ発動できるようにはしたいところ。

5:サバイバー側の対策

正直シェイプに関しては、レベル依存なので明確に防ぐ方法はありません。下手したら、一瞬で何もすることなく終わってしまいます。
シェイプ戦では、特殊能力対策というよりも、むしろレベルに合わせて立ち回りを覚えていくことが重要になります。
とにかくシェイプを見つけたら、凝視されていることが多いので四角に隠れましょう。建物に隠れるのが確実です。
特に立ち止まって見ている時は、ほぼ確定です。バレずに見続けることが多いので、遠くの曲がり角や物陰をしっかり見るようにしましょう。
気をつけたいのはレベルアップ時の効果音。必ず音楽がなるので、それに気をつけて動きましょう。音楽の長さが変わるのが聞き分けるコツです。
一番は「凍りつく背筋」があるといいのですが、シェイプ戦とわかったら用心深く警戒しつつ、発電機を回していきましょう。

6:最後に

今回はここまで。
シェイプはキャラ背景からかストーカー器質なパークが多く、能力もそれに近いように感じます。といっても使い方が難しいので、練度は必要そうなキラーですね。ただ、能力を発揮するにも内なる力の発動が肝となるので、シェイプと遭遇した時には、しっかりと壁に隠れたり周りを確認するようにしましょう。

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

デッドバイデイライトのTOPページに戻る

タイトルとURLをコピーしました