Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:ムツゴ楼編)【スプラトゥーン2】

ウデマエXガチマッチ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

ガチヤグラ講座(ルート:ムツゴ楼編)」です。
今回のルートは「ムツゴ楼」です。

では解説の前に、「ガチヤグラ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ヤグラが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:関門別で説明をします。
・カウント、乗り込めるポイント、注意することで説明します。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。ヤグラの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ムツゴ楼 ヤグラルート

2:関門1

1:到達時カウント
関門1:(到達時)カウント91、(通過後)カウント79

2:乗り込めるポイント
乗り込める場所はありません、周りに気をつけましょう。
3:注意するポイント
第一関門は非常にスタート位置から近くにあります。
そのため、準備を怠るとスペシャルを使えないまま第一関門に到達するので意外と相手の方がスペシャルを起動するのが早くなります。
そのため劣勢に落ちやすくなるんですよね。初動が肝心といってもいいくらいです。
なので、初動時にヤグラに乗る前には一呼吸置いて、状況を見ましょう。
特にマップを見て塗り状況を確認することが重要です。塗られかたによって相手の位置を特定できますし、なにより裏どりに気づけます。また、足元の塗りをしておくと第一関門を突破してからの、相手裏どりによる攻撃から逃げやすくなるので、塗ることもお勧めします。

3:関門2

1:到達時カウント
関門2:(到達時)カウント57、(通過後)カウント47

2:乗り込めるポイント
乗り込める場所はありません、周りに気をつけましょう。
3:注意するポイント
ここではある程度の高さがあるため、後ろからの攻撃がされにくい状態です。
ですが、正面にいないときは後ろを見るようにしておきましょう。意外とやってくることが多いんですよね。
あとは、正面の高台に進入できるのは、スロープを使ってとなります。
そのため、敵からは防衛がしやすい環境となるため、非常にここのヤグラを維持するのは困難です。
また、関門を突破したとしても、上の位置に進入する方法が難しいため、ヤグラに乗る方は、第三関門まで進める気持ちで乗っている方がいいですね。
ここは、ひたすら耐えて、スペシャルなどを使って近づけないようにしましょう。

4:関門3

1:到達時カウント
関門3:(到達時)カウント22、(通過後)カウント14

2:乗り込めるポイント
第三関門に移動する途中に左高台へ進入できます。ここに進入してビーコンが置ければ最高のポジションです。
理由は、高台への進入が困難なためです。ビーコンを使った方がリスクが少なく、とてもいいです。

3:注意するポイント
ここまでくればほぼ勝ちが決まってきます。
といっても、正直ヤグラを維持するのは非常に辛いです。それは相手が常に高台から攻撃ができるという環境が続くためです。
基本的に高いところが有利になるゲームなので、ムツゴロウではそれがずっと続きます。
攻略としては、人数が多いようであれば、ヤグラより先の高台に進入をして相手を近づけない動きが大事となります。
もちろんここでスペシャルが使えれば最高です。
ですが、第一第二とスペシャルを酷使する状況が続きますので、結構厳しいです。
ヤグラに乗りつづけた味方がいたとしても、ですが重なればなかなか難しいです。
もし、余裕があるようであれば、ヤグラに少し乗って退いて敵の対処をするという動きが一番いい立ち回りかもしれないので、そのイメージも持っておくといいかもです。
ノックアウト寸前だからこそ、慎重な立ち回りをしましょう。

5:まとめ

今回のムツゴ楼は以上となります。
これにて、マップ解説は以上となります。
進入できる箇所は意外と限られていたというのが意外でした。それと同時に防衛箇所もしっかり用意されているので、ヤグラ意識さえしていればそれなりに対処できる東野も印象的でした。
やはり、ルール関与が一番なのと、デスをしないというのが重要ですね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました