Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:ハコフグ倉庫編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチヤグラ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

ガチヤグラ講座(ルート:ハコフグ倉庫編)」です。
今回のルートは「ハコフグ倉庫」です。

では解説の前に、「ガチヤグラ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ヤグラが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:関門別で説明をします。
・カウント、乗り込めるポイント、注意することで説明します。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。ヤグラの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

関門が3つで到達後の待機時間が短いため、早めに阻止しないとすぐカウントが進むのが特徴です。
あまりもたつくとすぐ逆転なんてこともありますので、防衛時は気をつけましょう。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ハコフグ倉庫 ヤグラルート

2:関門1

1:到達時カウント
関門1:(到達時)カウント53、(通過後)カウント45
2:乗り込めるポイント
こちらは、敵の高台に侵入するための場所がいっぱいあります。特に右側の金網部分はイカ移動と人状態を使うことでうまく登ることができます。
キャラコンは必要になりますが、右側の柱を使わずに短縮できるのはとてもいいことです。
また、正面の高台にもコンテナの上を伝っていくことができますので、チャンスがあれば敵陣に攻めていきましょう。

3:注意するポイント
ここでの注意は第一関門に行く前の動作です。
ヤグラが高いところが降りてきて第一関門に向かいます。その動きは敵の高台と同じ高さ、または相手の方が上となるため敵が多い場合は容易に進めることはできません。というか無理です。
特に初動時は焦って乗る人が多いので、先に2枚以上の敵を排除してから乗るようにしましょう。
ここでスペシャルを温存できると敵が復帰してきた時の対処として有利に動けます。

3:関門2

1:到達時カウント
関門2:(到達時)カウント29、(通過後)カウント21
2:乗り込めるポイント
こちらは、第一関門と同じになります。
コンテナの上に乗って敵陣に行くことができるので、ヤグラが関門よりも進む前に敵地を制圧しておきましょう。
ヤグラに乗っているようであればスペシャルを出し惜しみせず、1カウントでも稼ぐようにしましょう。

3:注意するポイント
関門ちょうちゃく時、意外と視界が狭く、死角が増えてしまいます。
特に右側にあった金網が見づらくなるため結構やれやすいポイントです。正面にいないようであれば右側もしっかり警戒をしておきましょう。それかコンテナに乗ったり降りたりしてじっくりヤグラのカウントを進めるのもいいと思います。
それか、ここで全落ちすると相手に逆転の機会を与えます。
塗りの制圧も返しやすいので、危ないと思ったら、味方を置いて逃げるのもありです。ただし、見極めが大事ですので、味方の位置をしっかり把握しておきましょう。

4:関門3

1:到達時カウント
関門3:(到達時)カウント20、(通過後)カウント12

2:乗り込めるポイント
右側の高台にスムーズに進入できます。ただし、ここは敵が最後の防衛ポイントですので、直接乗り込むのはすでに味方がいるときにしましょう。
どうしても乗りたい場合は、ボムやスペシャルを使って、相手を退かせてから乗るようにしてください。
ここでスーパーチャクチなどがあればかなり有利には進めれますが、ここまできたら敵陣を荒らしまくりましょう。また、ヤグラを放置にしがちなのでヤグラもちょっとだけ気にかけるといいと思います。

3:注意するポイント
ここでは、敵に囲まれるスポットとなります。そのため、味方との連携が重要で、1人高台に登っているとかなり状態が良くなります。
また、ヤグラ維持のキャラコンも重要となり、乗る人によっては効率よく乗り続けることができます。
できれば、ヤグラの側面などを使い地道にカウントを進めることによって関門突破が狙えますので、じっくり攻めていきましょう。

5:まとめ

今回のハコフグ倉庫は以上となります。
十字路のマップで距離があるように思えますが、意外とヤグラのカウントの進みが早いのが特徴的です。
そのため、全落ちすると一瞬で足場も、ヤグラもカウントさえも奪われます。一番は全落ちをしないことと、ジリジリとしっかり前線を上げていくことが大事です。焦らず最後まで粘っていく気持ちで臨みましょう。
焦って裏どりや侵入はかえって危険です。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました