Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:デボン海洋博物館編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチヤグラ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

ガチヤグラ講座(ルート:デボン海洋博物館編)」です。
今回のルートは「デボン海洋博物館」です。

では解説の前に、「ガチヤグラ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ヤグラが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:関門別で説明をします。
・カウント、乗り込めるポイント、注意することで説明します。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。ヤグラの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

関門が3つで到達後の待機時間が短いため、早めに阻止しないとすぐカウントが進むのが特徴です。
あまりもたつくとすぐ逆転なんてこともありますので、防衛時は気をつけましょう。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
デボン海洋博物館 ヤグラルート

2:関門1

1:到達時カウント
関門1:(到達時)カウント90、(通過後)カウント76
2:乗り込めるポイント
こちらに関しては、乗り込む場所がありません。そのため、ヤグラに乗るための準備が必要となります。

3:注意するポイント
ここで気をつけるべきポイントは、やはり高台の制圧でしょう。
正面から攻めるのは正直難しいです。そのため、高台への裏どりやスペシャルなどによって相手を弾かせる必要があります。長射程がいれば別ですが、無理にヤグラに乗るのはかなり厳しい試合になりますので、焦らずじっくり攻めるのが城跡です。
もちろん人数の把握をすることも大事なのですが、高台に長射程やブラスターが1人でいる場合でも危険ですので用心を重ねていくようにしましょう。

3:関門2

1:到達時カウント
関門2:(到達時)カウント54、(通過後)カウント38
2:乗り込めるポイント
ここでは、乗り込むというよりも制圧という言葉が似合うかもしれません。
そもそもヤグラを第二関門まで進めるには、この上を取っておかないとどうしようもありません。
そのため、登る途中などで高台に乗り込み先に制圧するようにしましょう。

3:注意するポイント
制圧時にですが、反対側の高台からややられることがよく起こります。
一見敵が見えないような時などは、反対側に目を向けておきましょう。
また、いないようでれば、登ってくる場所に置き撃ちなどしておくと威嚇射撃になって敵が登ってきても撃退しやすくなります。
あとは、ヤグラの後ろもしっかり見ておきましょう。意外と裏どりにくる敵がいますので、警戒するのも大事です。

4:関門3

1:到達時カウント
関門3:(到達時)カウント19、(通過後)カウント11

2:乗り込めるポイント
第二関門と第三関門の通り道にある、反対側の高台側に進入できます。
敵が最後の防衛としていることが多いので、この高台に敵が向かってきているようであれば、時間稼ぎとして乗り込みましょう。
また、人数に余裕があるのであれば、ここで敵を誘い出すのもアリです。それだけでもヤグラのカウントは進めることがあるので、いるだけで価値があると思います。
ただし、1人の時はダメですよ。
3:注意するポイント
ここまでくると、高台どうこうというよりも純粋に対面力が物を言います。
なので、ここではスペシャルなどを一気に使っていきましょう。ヤグラに乗りながら相手と塗り合いをしているだけでスペシャルは溜まっているはずですので、タイミングを待たず、どんどん使っていくのがいいです。
また、ヤグラ自体も高めなので、あまり降りない方がいいです。
高い分相手からすると曲射が狙いにくいので、実は乗ってる方が安全です。

5:まとめ

今回のデボン海洋博物館は以上となります。
最初の関門を超えることが最重要となるマップです。その分、恩恵はでかいのですが、相手に攻められるととても苦労します。
なので、オールダウンはできるだけ避け、相手を第一関門を突破させないようにしましょう。
意外と、これが勝つための肝となります。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました