Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:スメーシーワールド編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチヤグラ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

ガチヤグラ講座(ルート:スメーシーワールド編)」です。
今回のルートは「スメーシーワールド」です。

では解説の前に、「ガチヤグラ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ヤグラが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:関門別で説明をします。
・カウント、乗り込めるポイント、注意することで説明します。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。ヤグラの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

関門が3つで到達後の待機時間が短いため、早めに阻止しないとすぐカウントが進むのが特徴です。
あまりもたつくとすぐ逆転なんてこともありますので、防衛時は気をつけましょう。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
スメーシーワールド ヤグラルート

2:関門1

1:到達時カウント
関門1:(到達時)カウント75、(通過後)カウント63
2:乗り込めるポイント
ここで乗り込めるポイントは特にありません。
3:注意するポイント
ここでは下に降りていくため、敵が自然と高い位置にいる状況になります。
そのため、無理やりカウントを進めようとするとあっという間に全滅なんてこともおきます。ヤグラに乗る場合は、まずスペシャルを使える状態にするということが重要になります。特に右側の高台にいる敵を引かせることが重要となりますので、右側を気にかけましょう。
また、味方が右側の制圧をしてくれているようであれば正面とヤグラの進むルートあたりを攻撃して近づけないようにすると相手がしびれを切らして突っ込んでくれるので、対応がしやすくなります。
ただし、ボムが逃げにくいマップですので、足元をしっかり塗ってすぐ逃げれるようにはしておきましょう。
人数有利になれば、複数人で乗ることも忘れずに。

3:関門2

1:到達時カウント
関門2:(到達時)カウント45、(通過後)カウント37
2:乗り込めるポイント
正面の敵陣高台に進入できます。ただし、相手もここが撃退ポイントとなるため、先に殲滅をしておく必要があります。
人数的に有利であれば短射程の場合乗り込んで時間稼ぎをしましょう。
もちろんスペシャルが使えるようであれば、積極的に使って敵を引かせましょう。
また、インクレールをインクレールを確保している場所へは第2関門通過後に侵入できるのも覚えておきましょう。攻めるポイントとして重要になります。

3:注意するポイント
先ほども述べましたが、高台からの集中砲火を受けやすくなります。
また、対策として真上を見る必要があるため、視界が遮られやすくなります。敵の位置をしっかり把握する必要がありますので、置き撃ちをして近づけさせないことと、いつでも逃げれる準備をしましょう。
人数有利をとにかく招いていれば問題なくカウントは進めれるので焦らなくて大丈夫です。
焦ると全滅しますので、ここでは慎重にいきましょう。
あと、ヤグラ乗りをするのであれば足元の塗りもしっかりしておくとそれだけでも時間稼ぎができます。

4:関門3

1:到達時カウント
関門3:(到達時)カウント12、(通過後)カウント6

2:乗り込めるポイント
ここでは、敵陣のリスポン側の高台に進入ができます。実はここに乗り込めると強い。
ここを維持できるだけで正直ノックアウトが見えてきます。味方が多く進めそうであれば足止めとしていくようにしましょう。
特に短射程はここで暴れるのがとてもいいです。どのみち、やられるだけなので、、、。

3:注意するポイント
ここでは、とにかく高台の制圧が重要になります。敵は常に上から攻めてきますからね。
そのため、ヤグラの維持が難しくなります。スペシャルを使うことももちろんですが、関門到達する前にボム系のスペシャルなどを使えるかどうかが結構、ノックアウトへの影響を与えます。
もし、スペシャルがないようであればとりあえず置き撃ちかボムを投げるようにしましょう。
ここまでくれば押し込みが重要ですので、強気で攻めていってもいいです。
あとは、沖撃ちのポイントをしっかり把握して対処をしましょう。

5:まとめ

今回のスメーシーワールドは以上となります。
実は、攻められれば攻められるほど辛いマップです。防衛がしづらくなっていくんですよね。しかも広く、ビーコンがない場合、復帰まで時間がかかります。復帰してからの前線復帰もきついです。
そのため、人数不利になった場合は味方のビーコンがわりになれるように後ろに下がって人数を常に多く保ちましょう。
意外とこの立ち回りが大事になります。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました