Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:コンブトラック編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチヤグラ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチヤグラ講座(ルート:コンブトラック編)」です。
今回のルートは「コンブトラック」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチヤグラ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ヤグラが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:関門別で説明をします。
・カウント、乗り込めるポイント、注意することで説明します。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。ヤグラの検証を含めての投稿となりますので、腕前などについては不問といたします。では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

関門が3つで到達後の待機時間が短いため、早めに阻止しないとすぐカウントが進むのが特徴です。
あまりもたつくとすぐ逆転なんてこともありますので、防衛時は気をつけましょう。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
コンブトラック ヤグラルート

2:関門1

1:到達時カウント
関門1:(到達時)カウント86、(通過後)カウント78
2:乗り込めるポイント
的防衛箇所に飛び込むことができます。ただし、ここに飛び込む前には必ず相手を倒してからにしましょう。
敵がいるのに飛び込むのはとても危険です。また、飛び込んだとしても敵陣になりますので、できればスペシャルを使って相手の邪魔をしていきましょう。ここを取ることができれば、かなり有利にことが進めますのでとても大事なポイントです。

3:注意するポイント
防衛の話を動画でしてますが、敵の防衛箇所を取ることがとても大事になります。せめて取れなくても時間稼ぎができるだけでもかなりいいです。
第一関門付近の防衛箇所は特に長射程が陣取ってくれるとかなり助かります。慌てて止めにきた敵も長射程なら効率よく止めることができますし、何より足場を整えることができるのでとても次の関門へ進めさせることができます。

3:関門2

1:到達時カウント
関門2:(到達時)カウント53、(通過後)カウント43
2:乗り込めるポイント
第二関門については、第三関門へと続くルートの先取りができることです。
ここに関しては相手の防衛戦などのが敵を倒しておくとこの後の展開が有利に進めます。無理に取る必要はないですが、ヤグラに乗りながらスペシャルを溜めて、使いながら進むようにしましょう。
また、インクレールを使った侵入ですが、味方の火星に行くときに使うくらいです。
できれば、関門には複数人乗ってカウントを早く進めるのがいいので、あえて乗り込む必要はないかと思います

3:注意するポイント
こちらに関しては、相手を正面に構えますのでヤグラを盾にすることを覚えておきましょう。
また、ヤグラから降りたときに逃げづらい場所なので足元の塗りもとても大事です。正面の敵だけでなく、足元にも気を使っていきましょう。
更に、通技のルート先として高台に登ります。できればこちらも制圧を意識するとスムーズに次の関門まで進めます。
これをするかしないかで、次の展開が変わりますので、余裕があれば先に塗っておきましょう。
もっと言えば、この高台は敵と同じ視線の高さになるため、とてもやっかいです。
そのことも考えると制圧することの重要さも理解できるかと思います。

4:関門3

1:到達時カウント
関門3:(到達時)カウント20、(通過後)カウント12

2:乗り込めるポイント
こちらに関しては、乗り込めるポイントはもう制圧をするための行動になります。
ヤグラを守りながらとなりますので、とても立ち回りが重要です。
スペシャルが発動できれば一番いいのですが、全ての関門を通ってきていた場合、それが厳しい状況になりやすいです。
ボムコロや対面力が必要となりますので、頑張りましょう(笑)
もし厳しいようであれば、一旦引いてからスペシャルを用意するのもとても大事です。

3:注意するポイント
ここで注意すべきは、相手のスペシャルです。
ここまで進むと、敵のスペシャルが溜まっていることが多いため、一気に全滅ということも多々あります。
そもそも待ち伏せを受けやすいところですので、相手のスペシャルゲージはしっかり見ておきましょう。
また、人数不利になっていればヤグラを盾にして登ったり降りたりしてカウントを無理やり進めるのも非常に重要になります。
無理に進めるだけでなく、逃げる選択もしっかり持つようにしましょう。

5:まとめ

今回のコンブトラックは以上となります。
コンブトラックは関門数は多いですが、マップが若干狭いためカウントの逆転が早いように感じます。
また、関門のカウントも短めで進むのがとても早いため、ヤグラを追いかけるのではなく、ヤグラを待ち伏せするようにすると防衛が成功しやすくなります。また、防衛時はすぐにスペシャルを使って相手を落としてしまいましょう。あ、ヤグラに乗ってスペシャルゲージを溜めることも忘れずにね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました