イクメンが嫌い

マーケティング

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は「イクメンが嫌い」について考えていきたいと思います。
僕はイクメンが嫌いです。
正しく言えば、イクメンが正義という考え方が嫌いです。
僕の中では、男はイクメンで無ければ悪いみたいな風潮で取り上げられてるのを見ると、以前の女性は家事だけをしとけば良いと同じことなんだなと思っています。
男性は〇〇、女性は〇〇という、固定概念が嫌いなんです。

1:そもそも、イクメンで褒められるのがおかしい。

正直、家庭に精一杯な父親が良いというのは何ででしょうか?
一生懸命働いてお金を稼いでくるだけの父親もいいと思います。
これに関してですが、世の中的に子供を大事にしない人は人としてダメという客観視があるからだと思っています。
そもそも、子供の育て方の正解がないのに、何で父親がイクメンだと良いのでしょうか?
誰にもわかりませんよね。
ただ、妻側から見て、自分たちの負担が減るというのが貢献度として高いから、周りから評判がうなぎのぼりになっただけと思ってます。

2:働けば良いということではない。

ですが、イクメンに反対意見だけではありません。
僕の中では、妻と子供を本当の意味で人としてみている人たちなんだなとも思ってます。むしろそれに関しては素晴らしいです。
イクメンと呼ばれる方は、普通の男性よりも相手に対して気遣いの心と要領がいいと思ってます。
また、こういった方はイクメンという自覚がありません。
本当に妻と子供がすきなんです。
これに関しては本当すごいと思います。

3:イクメンの何が嫌いなのか?

イクメンになりきらない人をイクメンに変えようとするのが嫌いです。
なんなら、イクメン講座的なのもありますからね(笑)

正直、それになんの意味があるのかと思います。むしろそれは、妻は旦那の個性を見てるのでしょうか?いや、旦那をただ、イクメンにしたいだけじゃないでしょうか?

その人の個性がすきなのであれば、お互いにできることをすれば良いだけなんじゃないでしょうか?

だから、無理やり人を変えようとする価値観は嫌いです、

4:得意不得意があるということ。

僕の中では、夫婦や家族は得意不得意を補うためだと思ってます。
もちろん、そこには思いやりも必要です。
相手の苦手を理解して助けてあげるのが家族です。
ですがイクメンてどうでしょう?
理想像のおしつけではないですか?
男性女性関わらず、補っていくことを考えればイクメンなんて必要ないんじゃないのでしょうか?

5:まとめ

今回はイクメンが嫌いということについてでした。
もちろん、家事のお手伝いや子供の世話は女性だけでなく男性もしてほしいと思います。
ですが、男性が家事が全員得意かというとそうではありません。
もちろん女性もです。
ですが、夫婦というのはお互いの苦手をカバーすることだと思います。むしろカバーできないのであれば、結婚しなくてもいいのではと思います。だって苦しいだけじゃないですか?結果価値観がずれて分かれるのですから。
それであれば、その価値観がちゃんと会う人と一緒にいれば、この考え方自体も必要なのかと思います。

じゃ、今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました