Xが教えるガチホコ講座(ルート:ハコフグ倉庫編)【スプラトゥーン2】

Xが教えるガチホコ講座

みなさん、どうも( ´∀`)

Xが教えるガチホコ講座(ルート:ハコフグ倉庫編)」です。
今回のルートは「ハコフグ倉庫」です。

では解説の前に、「Xが教えるガチホコ講座」の説明です。
1:動画を基本に説明をしています。
2:一つずつの要素に分けています。1つだけマスターすればいいというものではありません。
3:ホコが必ず上手くなるわけではありません。
4:負けても責任は取りません。
5:散歩またはプラベで解説
また、ルートについては下記の種類に分けます。
・ルートの種類:基本A、B、Cのルート名にします。
・ルートの特徴:一言でわかる言葉に置き換えます。
・ルート使用度:数が多いほど定番のルート。星5段階で評価。
・ルート難易度:数が多いほどキャラコン、敵の防衛レベルの難易度。星5段階で評価。
となります。
要は、ノウハウ本のような感じです。といっても個人的にはホコの楽しさを広めたいなというのが一番です。
では、早速やっていきましょう!

1:動画と画像で解説

こちらを見てからの方が下記の解説がわかりやすくなりますので、ぜひどうぞ。

ルートはこちらの画像をご覧ください
【ルート画像】
ハコフグ倉庫 ホコルート

2:ルートA

【ルートについて】
・ルートの特徴:通常・正面ルート
・ルート使用度:★★★★☆
・ルート難易度:★★★☆☆

【理由】
まさに正面突破。というかここしかない(笑)
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートに関しては、ほこしょっとを的確に打つことと、味方との打開の意思を合わせるのが重要です。
といっても野良なので、合わせるのは難しいですが、少しでも前に進めそうな時は遠慮なく進むといいと思います。
特に相手が2落ちの時は、進むことをお勧めします。
また、動画でも解説しましたが、わざと壁に登ってカウントを進めることを意識しておきましょう。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ゴールまで行くまでに、足場が濡れない場所があると思います。ここをホコ持ちに通らせるのが最大の課題になります。
そのたため、先に乗り込み相手をキルする力がとても重要です。
ですので、スペシャルが固まるまでは無理して進まず、まずはスペシャルを貯めることを意識しましょう。
溜まったら、味方とタイミングをあ悪い式が需要になります。

3:ルートB

【ルートについて】
・ルートの特徴:引き籠りルート1
・ルート使用度:★☆☆☆☆
・ルート難易度:★★★★★

【理由】
まさに、細い道で引きこもるからねw
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを通る時は、相手が全落ちした時のみ使用するようにしてください。
理由は、逃げ場がないからです。また、逃げ場がないということは、相手からキルしやすい、状況になります。もちろん、相手のカウンターも受けやすくなりますので、選択肢としては、ここは通らない方がいいです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
ホコ持ちがこちらにいった場合、すべきことは一つ。
敵陣の足場塗りの確保とリスキルの準備です。正直このルートを取られた時サポートに回ると、逆にやられてしまいます。
それが敵の有利を招き、負けにつながります。
そうならないた目にできるだけ先に敵を排除するようにしてください。それか、わざと相手にホコを渡して、引きづり出しましょう。

【追記:評価について】
ハコフグのルートBですが、過小評価ではないかなというご意見をいただいました。
確かに、★1などそう感じる方も多いのではと思います。分からなくもないご意見でした。
さらに、過小評価でない理由もいただきましたのでその見解を掲載させていただ来ます。

ルートAはどこから敵が来るかわからず、ホコショする間に的になりがちになります。それに対してルートBは正面の登れない通路、横の通路、後ろの3つしかないので、ホコショで前を牽制すればそんな簡単にはやられないです。
正面に対しては射程を利用し、横の角待ちに対しては爆風を使えばキルが取れます。またやられてしまっても相手からするとホコを中央に戻しづらい位置になるので、戻される前に相手のホコをキルすることで、2度目の攻撃もしやすいと思います。
Aのほうが落としやすく、援護があまり必要なく(どちらかというと右高台の敵を処理してくれたほうが嬉しい)、狭い通路で戦うリスクは相手も同じなので、あまりないと思います。

ということです。うむ、確かに分からなくもないですね。
ただ僕としては、左側の通路を利用したときに味方の援護への感覚が薄い傾向にあります。通ったとしても狭い場所でホコワリを競うことになり、短射程はデスのリスクもあります。
そう考えると、そこまでリスクを負って持っていく必要があるのか?または、野良の味方とそこまで連携が生まれるのかという疑問が出るわけですね。
あとは、経験上ですが、こちらのルートを使用した場合、勝ったことがほとんど皆無に近かったので今回の評価をさせていただきました。
でも、せっかくなので試してみるのもいいかもですね。答えは一つではないですから。

4:ルートC

【ルートについて】
・ルートの特徴:引き籠り2、機転ルート
・ルート使用度:★★★☆☆
・ルート難易度:★★★★☆

【理由】
ルートの変更が可能で、臨機応変に立ち回れる。
【ホコ持ちイカのルートポイント】
このルートを通る時は、常に敵と正面で対面することを意識してください。
そのため、味方の援護なしでは通ることは無理です。仮に通れたとしてもそれはラッキー程度に思っているのがいいです。
このルートは一見いいように見えますが、敵陣からすると防衛がしやすいです。特にブラスターなどいた場合、爆発でキルすることができるので結構簡単です。
なので、切り替えを覚えておくと、立ち回りの変化が出てくるのでオススメです。

【ホコ持たないイカのルートポイント】
このルートを進む場合は、あえてホコを囮にしてください。
正直、キルが相手よりも上なら問題ありませんが、狭いところで戦うのは上手い下手に関わらず難しいです。さらにホコバリアが通路の邪魔をしますので、あえて、先に行かせるのが重要になります。割りやすくなりますしね。

5:まとめ

ハコフグ倉のホコルート解説でした。
正直なところ、運ぶことよりも重要なのは、全落ちしないことにあります。
直線で見る遠く見えますが、実は結構進めるの早いマップなんですよね。また、ルートを間違えると全く結果が変わります。あまり無理せず、少しずつ進めていきましょう。

ガチホコのマップ全部を見たい方はこちらをどうぞ。
Xが教えるガチホコ講座(総集編)
今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました