【超初心者向け】スプラ3に向けたイカたちへ徹底解説!スプラをするなら塗りについて理解をしよう!

スプラトゥーンで考える。

どうもElza Letと申します。
今回はスプラトゥーン3の発売発表に合わせて、新しく始めるイカたちにスプラ2ベースでお話ししていこうと思います。
僕のことを知ってもらうことも含めて雑談っぽく書きたいと思います。
↓動画でも紹介していますのでよかったらどうぞ↓

スプラTOPページ

今回のガチマッチ関連以外にも武器解説や立ち回りなど思考を基準にまとめた記事がありますので、よければTOPでお探しください。YouTubeの参加型もしてますので、良かったらどうぞ!

スプラトゥーン2
ゲームチャンネルはこちら>>>最新記事一覧人気記事一覧スプラトゥーン(ガチマッチ講座)ガチホコガチエリアガチヤグラガチアサリもっと見る もっと見る もっと見る もっと見る その他のス...

1:自己紹介とスプラ歴について

僕はスプラ2を始めるまではTPS初心者で、当時はフォートナイトが人気でしたがほとんどできないほどの超初心者でした。もちろん、スプラ1もプレイしたことありません。そのため、最初の頃は経験者にひたすらボコされるということが多々ありました。
そのためS+到達してもすぐにAまで落ちるということを繰り返していました。
じゃあなんで今はこうしてX帯で2400くらいまで頑張って実力をあげれたのかというと、実はきっかけがあって、それは「自分でスプラを研究をする」ということを始めたんです。

ことの始まりは僕も皆さんのようにプロの方や憧れプレイヤーの動画をたくさん見たのですが、あまりにも実力離れしすぎてて参考になったような気になっていたんですよね。
そのため理想ばかり追いかけて全く手元が追いつかないという状態が続いて悩んでいたところ、「自分で自分なりの研究をしよう!」という思いつきで始めたのがElza Letのスプラ解説になるんですよね。
それから動画投稿と研究を続けて3ヶ月でガチホコで初のX到達ができました。
ぶっちゃけ、メンタルをゴリゴリ削られるしキツかった時期でしたね。
でも1回の勝利がとても嬉しくて一番楽しかった時期でもありますね。このこともあってガチホコが一番好きなガチマにもなっています。

だいぶ話逸れたんですが、そんな感じでTPS初心者ながらオールX達成までの経験を活かしてランクマッチで大切にしていたことや、基本的な大事なことは何なのかっていうことをお話ししていこうと思います。
今回はスプラ3発売に向けて新規さんも増えてると思いますので、「塗り」について6つに話を分けて進めていこうと思います。6つと聞くと項目が多く聞こえますが、一つ一つは短いので仕様について覚えてもらえるといいかと思います。

こんなかんじですね。

メニューが出てくる
1:塗り行動とは?
2:武器によって塗り性能が変わる
3:塗りは綺麗にできない
4:敵に塗られた地面は危ない
5:塗りの恩恵
6:気をつけたい塗り場所

こちらは基本的なものも含みますのでコメント欄からタイムスケジュールで飛んでもらっても構いません。
また、この話はスプラ3にて仕様変更があるかもしれませんが、知っていて損はないと思います。
今回の動画は「超初心者(プレイしたて)」を対象としてますので、プレイ済みの方には当たり前のことが多くなっていると思います。その点についてはイカよろしくです。

それでは今回のお題「塗り」についてですが、スプラといえばインクを飛ばしあって「塗り合う」という特殊なルールが混ざったTPSゲームです。見た目とBGMがあいまってポップな雰囲気のゲームですが、他のTPSとは違い「塗り」という行動が戦略の肝となる行動になります。

ただ塗るだけと思われますが、この「塗る」を理解しておかないとキャラコンや有利状況の把握など様々な場面で活用しますのでぜひ初心者の方は覚えておいてください。(慣れたプレイヤーでも塗らない人はいますからね(震え声))

それでは早速いきましょう。

2:塗り行動とは?

スプラ特有の「塗り」についてですが、ZRボタンを押すことでインクタンクに溜まったインクを飛ばして足場を塗ることが可能です。
インクタンクは画面でも表示され残量が見れます。残量を増やしたい時は、自陣インクに潜り込むと素早く回復できます。
インクタンクの残量さえあればいくらでもインクをばら撒くことが可能できます。

塗った地面に関しては自チームのインクであれば、イカ移動が可能となりスムーズにマップを動くことが可能です。またその場に止まれば潜伏ができ相手からは見えなくなるので奇襲も可能です。この緩急を使うことによって相手を翻弄するのもスプラの魅力の一つです。

3:武器によって塗り性能が変わる

スプラトゥーン2にはたくさんの武器が登場します。数で言うと139個の武器が登場します。
これ数にすると把握するの恐ろしいですね(笑)
どういったものがあるかと言うと基本のシューター。二丁持ちのマニューバー。スナイパーのチャージャー。といったようにたくさんの種類が用意されています。
これだけ武器があるということは、もちろんインクの飛び方がも違います。

武器の攻撃方法とインクの飛び方は塗りの仕方に影響を与えます。
シューターは連射力が高く扇状にインクが飛びます。
チャージャーは真っ直ぐにインクが飛びます。
武器によって塗り方が大きく変わるので、塗り性能の差があることもぜひ覚えておきましょう。

4:塗りは綺麗にできない

塗りの行動についてですが、始めたての頃は綺麗に塗らないといけないという心理が出てくると思います。
ですが、スプラでは武器によって弾のばらつきやインクの飛沫サイズ(地面に落ちたインクのこと)、連射速度と移動速度などの影響によりめちゃくちゃ綺麗に塗るということが難しくなっています。もちろん塗りやすい武器もありますが、気にしすぎると塗りだけで試合が終わることもありますので、大雑把に塗ることを最初は心がけましょう。

5:敵に塗られた地面は危ない

足元のインクはいいことだけじゃありません。敵のインクに触れてしまうとマイナスの効果を受けけるからです。敵のインクにはスリップダメージ(時間経過とともにダメージを受ける)と動きが鈍くなる仕様の2つあります。
スリップダメージがどれくらい痛いかと言うと、イカちゃんのHP100に対して最大40ダメージとなっています。しかも2秒ちょっとくらい踏んでいたらあっという間に到達するので、たかがスリップと思って侮らないようにしましょう。余裕が出てきたら画面の枠が濁ってないか確認し、自分の被弾状況を把握するのも大事です。

6:塗りの恩恵

塗り行動をすることによっていろんな恩恵があります。

1:ナワバリバトルにおいて、勝敗を決する塗りポイントが貯めることができる。
2:インクを塗ってない地面や敵インクを塗り替えすことにより塗りポイントが貯まる
3:塗りポイントを貯めることにより、スペシャルを使用することができる。
4:リザルト画面にて、塗りポイント分の経験値をもらうことができる(上限あり+お金)
5:武器の塗りポイントに数値が反映され、愛着度が上がる。
塗りポイントを活用することによってマッチング中やその他の画面での恩恵があるというわけです。
特に2と3ですがマッチングに大きな影響を与えます。「塗りは大雑把でいい」と言うのは丁寧すぎて塗りポイントが効率良く溜めれないことにつながります。もちろん最終的には綺麗に塗るのですがそれは後半でもいいということです。とにかく塗りポイントを稼いでスペシャルをガンガン使っていくのが非常に大事です。

7:気をつけたい塗り場所

ここまでお話を聞いてもらうと、とにかくマップを塗ればいいんだなというのがわかってもらえたと思います。ですが塗りについて注意しないといけないことがあります。それは塗っても塗れない場所と、塗りポイントにならない場所の存在です。

塗れないポイントの代表としては金網であったり、マップに配置バルーン。塗れない床というのがあります。これはいくら塗っても何も効果は得られませんので、気をつけましょう。ただし金網はインクがすり抜けますので、移動している敵は倒すことが可能となります。

また塗りポイントの使用はマップを真上からみた時に見える場所のみとなっていますので、マップによって垂直な壁は塗りポイントの判定となりません。一生懸命壁だけ塗ってもスペシャルはたまりませんので気をつけましょう。
ただし、壁を塗るというのはとても大事な行動で立体的に移動できる道を作れます。相手の裏をかいたり短いルートで攻める時にも使いますので覚えておいて損はないです。

8:最後に

ということで、今回は塗りについての初心者解説シリーズでした。
塗りと言ってもこれができなければスプラはゲームが始まりませんので、こんなことできるだと思ってもらえれば嬉しいです。特に塗りがあるからこそスプラというゲームが成り立ちますからね。

今後はスプラの基本操作はもちろん、エイム調整のこととかメンタルの維持、自分に合った武器の選び方などの具体的な内容にも触れていくので、気になる方はチャンネル登録お願いします。

そのほかにリクエストなどありましたらコメントいただけると参考になります。
それではまた次回お会いしましょう!バイバイ!

実際にプレイしている動画もあります。
動きの解説などもしているところがありますので、よかったらご覧ください。

ゲームチャンネル
ゲームチャンネルはこちら>>>

リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました