【スプラトゥーン2】 スペシャルの使い方(ハイパープレッサー編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のテーマは前回に続き、スペシャルの使い方について考察と深掘りをしていきます。
今回は「ハイパープレッサー」です!
貫通とどこまでも続く長射程。また目標物を守る弾幕としても優秀です。正直使い切れれば最強だと思っています。
では、早速解説していきましょう!

1:ハイパープレッサーの基本について

ハイパープレッサーは、基本的にスペシャルを使うと下記の行動がおこります。
1:壁を貫通して攻撃できる
2:細いレーザーから、太いレーザーへと拡大される
3:イカ移動で動ける
4:発砲する前に相手を壁越しに視認できる
5:メインとサブが使えなくなる。
6:潜伏中に光る
7:急な照準をかえるのに、一度発砲をやめないといけない

壁越しで相手を視認し、攻撃をすることができるので、とてもやっかいなスペシャルです。
しかもどこまでも届くという優れもの、ただし、急旋回するには、一度打つのをやめないといけないのが唯一の欠点と言えます。

2:なるべく離れつつ敵の視認できる場所で打つこと

正直にいうとハイパープレッサーは使いどころが難しいと思っています。
サーマルを活用して狙うのもいいですが、一番いいのは、視認できる状態で使うことがベストだと思っています。


理由としては、隠れた敵に対しては、勘で相手を撃ち抜かないといけなくなるからです。
これは、相手を倒し切れないととても振りな状況になります。
また、重いことから視界も遮られ横を取られやすいので、敵の位置を視認し続けることが重要だと思います。

3:無理やり横に薙ぎ払う

基本的にハイパープレッサーは、画面の中心を軸にカメラの移動に合わせて撃ちます。
その特性上、とても横になぎ払い打ちをするのが難しいスペシャルです。
ですが、ある方法を使うと、無理やり速度を上げることができます。


最後のダメ押しで、実は、画面を右側に思いっきり振り切ります。
そうすると、キャラクターが無理やり方向転換しているのがわかるかと思います。
予測うちにもなりますが、これでハイパープレサーをきらさず撃ち続けることができます。

4:ハイパープレッサーの参考例をどうぞ

はい!ということで今回は、、、(笑)
実は、ハイプレを説明しようと思って色々あつかっていたのですが、細い説明よりも参考例で話をした方がいいので今回はこちらを書いていきたいと思います。
内容をちょっとずつご紹介します。

■相手の逃げ場を絞って追い込むべし


これは、マップの地形を利用した撃ち方になります。
ハイパープレッサーで相手を見つけて打つのは非常に難しいです。
そこでマップを利用します。相手をハイプレで壁に追い込むことで相手の逃げ場をなくすことができます。
今回は、ショッツルで広い場所ですが、一定方向にしか逃げれない環境で使用しています。
これが実は重要で、逃げる方向を絞りつつ追い込む使い方ができると相手の邪魔だけでなく一気に殲滅することもできます。

■長射程・スペシャルの邪魔をするべし


基本的にハイプレで倒すには、数発のヒットが必要です。
そのことから、倒すという使い方よりも、邪魔をするといった行動が実は適していると思っています。
今回はアシストキルを取っていますが、相手のスペシャルに合わせることで無駄遣いをさせるわけです。
こういった使い方をすると、使いどころの見極めもできるようになってきます。

■ハイプレ封じとして使うべし


ハイプレにはハイプレを!
ということで、相手にハイプレがいる場合は、後出しが強いです。
位置を特定し、先に倒すことによって、無駄遣いをさせます。
また、ハイプレは移動が遅くなることから避けるという行動がとても難しいです。
近づいて倒すことはとてもリスクがあるので、思い切ってスペシャルを使ってしまうのもいいかと思います。
また、最後にジャンプ撃ちしていますが、相手位置の確認と牽制で使用しています。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、スペシャルシリーズの「ハイパープレッサー」を紹介しました。
スーパーチャクチと同じで、シンプルなスペシャルです。
そのため、実はかなり使いどころがシビアなスペシャルだと思っています。
使いどころが悪いと不発になりますし、相手の邪魔もできません。さらにヘイトも上がるのでみんなから狙われます。
なんて状態になります。なので、ただ単に強いから使うというよりも、使い方を覚えて無駄打ちをしないように注意してみてください。

では今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

ツイッター

twitter.com

youtube

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました