【スプラトゥーン2】 スペシャルの使い方(インクアーマー編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のテーマは前回に続き、スペシャルの使い方について考察と深掘りをしていきます。
では、何のスペシャルになるのか?
今回は「インクアーマー」です!
初心者の最初に使えるインクアーマーは発動タイミングさえ良ければ、攻撃の起点にもなります。
では、早速解説していきましょう!

1:インクアーマーの基本について

インクアーマーは、基本的にスペシャルを使うと下記の行動がおこります。
1:メインなら数発、ボムなら1発のダメージを防げる。
2:一撃で倒されない
3:発動までに数秒かかる
4:インクアーマーが消えるまでに数秒の無敵時間がある
5:味方全体にかかる
6:潜伏中に光る
7:重複はかけれないということ

インクアーマーは、発動までの時間がかかるものの、数秒の無敵といった感じでその恩恵がでかいです。
味方のタイミングさえ合えば、攻撃の起点になる程です。

2:基本はメンバーが多いときに使うべし

インクアーマーの特徴は、全員に付与されるということ。
これが最大のメリットになります。
ですが、これは、味方の生存人数を把握しておく必要があります。
人数が多ければ、それだけ攻撃と生存率が上がり、人数有利の状況を作り出せます。
本当にタイミングが難しいスペシャルの一つだと言えますが、その分の恩恵も大きいというスペシャルですね。
ある意味初心者が扱いきれるギアではないと思っています。

3:対物攻撃力アップの効果をうけてしまう。

これについては、みなさんご存知かと思いますが、対物を積んだ的には、バリアを早く壊されてしまいます。
いううなれば、ホコバリアと同じですね。
そうなると、スシコラなどの1、2発程度での攻撃でせっかくのインクアーマーも溶けてしまします。
ですが、大事なのは1発で死なないということ。
その間にうまいこと撃退できれば何の問題もないということです。

4:潜伏行動がバレる


先ほどのをみてもらってわかると思うのですが、潜伏中もチャージャーのチャージキープと一緒で光ります。
実はこれが意外と裏どりの邪魔をしてしまいます。
潜伏中のみかたは、基本ゆっくりとした動作か、イカ忍を使っているため、嫌われます。
乱戦中ならともかく、、、ね。
実は、スパッタリーをよく使うので、ちぇっと思うことも多いです。

5:インクアーマーの参考例をどうぞ

インクアーマーは正直使うタイミングが重要なので、御託はこれくらいにしたいと思います。
実戦で使った内容をちょっとずつご紹介します。


無敵時間を使い間合いを詰める戦法です。
これに関しては、味方に対して使うのではなく、自分のために使う方法となります。
発動までの被弾もありますが、クラブら相手であればこれだけ詰めれれば文句なしです。
まさに、肉を切らせて骨を断つの戦法ですね。


インクタンクに注目です。
他のスペシャルにもあることですが、基本インクの回復のために使います。
また、攻撃の手を緩めたくないときに使うのが好ましい使い方です。
味方が引いているときに使っても意味ないので、ここぞというときは出し惜しみせず使い、一気に攻め落とすのが大事です。


被弾を抑えながら、味方のために使う。
これは、リスク管理の考え方からきています。ちょっと大人っぽいでしょ?(笑)
インクアーマーは味方のために発動してなんぼのスペシャルです。
インクアーマーを発動しきれるかどうかによっては、味方の人数不利をカバーできます。
この場合、デスすることを悟っていますので、ヤグラの壁に隠れて、発動を粘った戦法になります。


インクアーマーを使い、捨て身の行動をする。
今回は、スパチャクを相手にしていますが、一撃で死なないということを利用しています。
正直、一撃で死ななければ、おおよその位置で相手をキルすることはできます。
ただし、良くて1人。
この場面は相手の位置関係から、生存しきれる自信があったのでだいぶ強気に行きました。
ですが、これは正直悪い例です。
失敗すれば、、、といった戦略でハイリスクハイリターンになります。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、スペシャルシリーズの「インクアーマー」を紹介しました。
ハイカスとZAP使いとしては、かなり重宝するスペシャルですが、使い方次第といった点が目立ちます。
また、防御として使うのではなく、攻撃に帰る使い方を僕はお勧めします。
スプラトゥーンは塗り固めせ攻めてなんぼといったところがありますので、いかに守りながら倒せることが重要となります。

また、今回は、タコティカル一色のインクアーマーが黄色だと、黄金のアーマーになるのがかっこよかった(笑)

では今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

ツイッター

twitter.com

youtube

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました