【スプラトゥーン2】 クイックボムについて

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)

前回はスペシャルシリーズをしていましたが、今回からはサブウェポンを深掘りしていきたいと思います!
サブウェポンは正直ポイズンボムしか使ってスパッタリーで使わないので、どこまで深掘りできるかわかりませんが、対面対策としてある程度は使ってきてたと思いますので、その知恵を絞って書いていきたいと思います。

まずご紹介したのは、「クイックボム」です。
その名の通り、速攻で爆発するまさに水風船をモチーフにした武器です。とても使い勝手が良くインク効率もいいことから、メインじゃねえか?と疑うほどのものだと思います。
では、早速解説していきましょう!

1:クイックボムの基本について

クイックボムを使うと下記の行動がおこります。
1:着弾した瞬間に爆発をする。
2:敵に着弾すると60ダメージ。
3:敵を中心に離れていくと、35ダメージになる。
4:爆風25のダメージになる
5:曲線の描き方で遠くへ飛ばせる
6:撃ち落とすことができない
7:インク消費量が少なく、サブ効率をつけると最大3個投げれる

■通常の使い方の場合

■着弾場所でのダメージ違いについて

クイックボムの良さはその爆発までの速さです。
近距離の敵に対して、着弾しなくても残り65ダメージ与えればキルすることができます。
スプラシューターなら2発与えてしまえばいいわけです。(ちなみに、直ダメージでも2発必要です)
エイムが置いつかない、逃げられるという時にとても重宝するサブウェポンです。

2:着弾する場所は気をつけること

クイックボムは言わば、ちっちゃな爆弾です。
そのため威力が小さめなので、使い所と着弾した場所で実はダメージの影響がかなり違います。
なので、一部その紹介をしたいと思います。

■壁と金網したから当てた場合


壁の場合、爆風ダメージとなってしまい25ダメになります。
また、金網したから投げた場合、直で当てても35ダメになります。
そのため、爆弾を投げるよりも直接撃って攻撃するほうが得策です。

■金網上から爆発させた場合


実は金網上で使用した場合、距離にもよりますが、ダメージが通りません。
また、着弾したところにインクがつくので、塗りもできない状態になります。
ただし、着弾後の飛び散ったインクは反映されます。まあ、なんとも言えない結果になっていますね。

このことから、特に金網の近くや、壁が近い場合は、着弾場所に気をつける必要があります。
早いが故の欠点といったところでしょうね。

3:サブ性能アップとサブ効率での差について

■サブ効率3.5を積んだ場合


他のボム系にも言えることですが、飛距離が変わります。
クイボの場合は、着弾後に爆発するのでとても有効です。
逃げた相手に対して遠くまで届くということは逃す機会を減らすことになりますので、とても大事なことです。

■サブ効率3.7を積んでいない場合


飛距離は、3メモリぐらいとなります。ただし、サブ効率を積むことで3つ連続で投げることができます。
飛距離も大事ですが、投げれる数が増えるというのはとてもいいことです。
塗りの範囲も広くなりますし、下手したらクイボだけで相手を倒すことも可能です。

ただし、サブに頼りすぎると足元すくわれますので、気をつけて使ってくださいね。

4:クイックボムの参考例をどうぞ

クイックボムの使い方を色々話してきましたが、実際に使い方を見て説明をしたいきたいと思います。
練習よりも実践が大事です。練度を上げていってさらに使いこなせるようにしましょう!

■メイン武器では届かないところに奇襲をかけよう


今回はアジフライでの実戦ですが、敵陣地の高台に対して攻撃をする手段は裏どりをするか、長射程の武器を使うしかありません。
ですが、ボムを使用することで攻撃を仕掛けることができます。
さらに、クイックボムに関しては、着弾した瞬間にダメージが当たるので、うまくいけば動画のようにキルすることも可能です。

■移動確保しながら相手を攻撃しよう


続いては、クイックボムとメインを合わせて相手を撹乱する方法です。
クイックボムでできるだけ塗りをしながら相手に対して牽制し、メイン攻撃を当てることで最短キルを目指します。
これをすることでまず、足場を塗ることができるので、スリップダメージを減らすことができます。
さらに相手の足元を奪うので、動きを制限できます。
さらにさらに、スプラシューターなら2発当てればキルできる状態にまで持っていけるわけです。
ですが、この方法には注意があります。
それは、残りのインク量を把握していることです。動画を見てもらうとわかりますが、潜伏をしてインクをギリギリまで回復していると思います。
インク切れが実は一番の敵になりますので、これをする場合は気をつけていきましょう。

■スパチャクの使用前と使用後で相手に投げておこう


これに関しては、キルの確立をあげることと、敵の足場を奪うことにあります。
スパチャクは逃げられやすいスペシャルの一つだと思っています。
また、スパチャク狩りもありますので、少しでも相手に対して「やばい!」と思わせる必要があります。
そのきっかけがクイボになります。
また、逃げられたとしても、保険のクイボがありますので、前後で使用することをお勧めしたいと思っています。

■壁裏に逃げた相手も逃さない


クイックボムの魅力は即効性です。
しかも、壁裏にいようが投げる場所によっては相手にダメージを与えられます。
これは、クイボの届く範囲を把握しとく必要がありますが、逃げられた時は追いかけるのではなく、ボムをとりあえず投げることをお勧めします。
正直、逆にやられたら嫌な戦法です。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「クイックボム」を紹介しました。
以前のスペシャルよりも使えるテンポが早いので、正直記事にするのがとても楽でした(笑)
あ、手抜きはしてないですよ(笑)
サブウェポンというのはスパッタリーの僕からするととても、羨ましい攻撃手段です。
ですが、正直扱いきれているのは上位勢であったり、Xでも一部だったりしているのかなと思っています。
劣勢時でのスペシャルと爆弾の使用は極端に減っていますし、組み合わせた攻撃というのをあまり見たことがないのが正直なところです。
先日、ポイセンマスターみたいな人に会いましたが、はっきり言って、メインとの組み合わせが素晴らしくえぐかったです(笑)
ということもあいまって、今回からサブウェポンをシリーズ化させてもらいました。

では今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました