【スプラトゥーン2】青スパ研究(Bバスパーク編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第十二回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「Bバスパーク」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
柱裏にいる敵に対して投げます。ここにはクリアリング目的です。ここにいられると意外と厄介なことが多いです。
相手からすると横からも責めることができるので相手の位置を知るために投げることをお勧めします。

■ポイント②
ここは相手からすると自陣の塗りやすいポジションになります。また、ここで潜伏をして相手を待つ方も多いので、ポイズンを投げてあぶり出し、一旦退かせるのが良いと思います。また、その退いた瞬間を狙うのもアリですが、狙いすぎると逆に敵陣に突っ込みますので気をつけましょう。

■ポイント③
チャーポジになります。ここにいられると中央の柱まで場所を取られるので、ポイズンで攻撃の手数を減らしましょう。
または、逃げていくようであれば、降りたのを確認してキルをしにいきましょう。

■ポイント④
ここは敵が劣勢時に投げると良いと思います。侵入経路として使われることが多く、近くに来た敵を狙っています。
そういった敵にやられると一気に負けに繋がりますので、ここに大気をさせないようにしましょう。

■ポイント⑤
壁裏に対してのクリアリングになります。生存していれば目視できるのでいいのですが、中央に復帰した際は投げるようにしましょう。結構このポジションに投げられると厄介です。またローラーやチャーなど敵の編成でいると潜伏してますので、投げて損はないと思います。

■ポイント⑥
リスキルを狙う時になります。ここは相手からすると前線に通じる道になります。そのため焦って降りてくる敵がいますので、そういった敵に対してポイズンで動きを止めましょう。入ってしまえば足止め成功またはキルに繋がりますので大事です。

■ポイント⑦
これは、ちょっと特殊になりますが、右側の制圧が終わり左側の塗りを仕掛ける時に投げます。
このポイズンは索敵用ですね。音がすれば敵が抜けたことがわかりますので、目視の確認と合わせて投げておくと、後ろへ抜かれることも減ると思います。ただし、位置バレしてますので、長居は無用です。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ
■ポイント①
まっすぐ、または若干斜めにに投げます。狙いとしては、中央の柱と反対側の潜伏している敵に対してとなります。
ここで雨が降ってくると高低差の移動により相手は、ダメージを負いやすい環境になります。
また、足元が塗れていないため移動ができなくなった相手を追い込みやすくなります。

■ポイント②
正面の壁を登った裏にいる敵をあぶり出すためになります。
投げる時は相手の広場を意識すると良いかと。ここに投げる時はチャーやスピーナーが滞在している時です。また、相手を一旦奥に引かせたい時には有効になりますので、相手が固まっている時ほど投げてみてください。

■ポイント③
通路の確保と高台の邪魔になります。ここは通路が直線的でアメフラシが綺麗に通りを覆いますそのため相手は退く選択が生まれますので、一時的に前線を上げれます。ただし、投げた後に敵が攻めてきますので、上野かなみなどを占拠し相手を先に視界に入れましょう。

■ポイント④
右側からの打開を狙うポイントになります。一番は、壁裏にいる敵に雨を投げて引かせれるということですね。
ここの壁裏にはボムでしか攻撃ができず、視界も悪いです。ですが、雨を使うことで一時的に退かせることができるので、
場所の確保と敵の位置を確認するために投げましょう。

■ポイント⑤
ここは最後のダメ押しですね。使う時でいうとホコの時でしょうか。
ホコの際はここまで侵入することができるので雨を降らせておくとカウントを稼げるきっかけが作れます。
それ以外ルールでは正直使っても意味がないように感じますので、味方の大半でリスキルを始めた時に投げてみましょう。
前線維持できる時間が長くなる可能性があります。
なんなら、もう一つ後ろの段差で投げても良いですね。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第十二回」でした。
Bバスは改修工事が入ってから、広くなりましたが、ルール関与する部分としてはさほど影響を受けてないように感じます。ですが、広くなったということはアメフラシを降らせても簡単に相手は逃げれる可能性がありますので、投げる時はキルではなく退かせるつもりで使用していきましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました