【スプラトゥーン2】青スパ研究(マンタ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第九回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「マンタマリア号」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
初動裏どり防止の役目になります。また、左側が相手インクで制圧されてきたら投げておきたいポイントです。
そこまで必須ではないですが、裏どりが多い場合はここに投げておくといいでしょう。
結構入られると厄介なので気をつけるポイントです。

■ポイント②
柱裏から通りまでの邪魔となります。この位置は超射程には有利なポジションなことと、短射程が柱にくっついてセミ状態の時も多いので投げておくと警戒ができます。といっても、ここは相手を退かせるためとなりますので深追いは厳禁な場所です。

■ポイント③
チャーとハイドラのポジションですね。ここにビーコンを置かれたりすることもありますが、正直この位置は角があり、上まで上がってもキルされやすい部分です。なので、投げるのであればちょっと壁よりに投げて相手がいないことをしっかり確認をしましょう。

■ポイント④
こちらは角を曲がったところに潜伏している敵をあぶり出すためになります。
あくまで相手の邪魔ですね。ここのいいところは、曲がり角まで行かずに相手の動きを制限できるところです。また、嫌がった場合は、壁を登って高台に移動しますので、待ち伏せも可能になるというところでしょうか。ですが、ここに長居は厳禁ですよ。

■ポイント⑤
チャーやボム持ちの邪魔になります。この位置は長射程やボム持ちが足元の塗りをするためにやってきます。
そうなった場合、ポイズンで足元を抑えなるべく攻撃の回数を減らすことが重要になります。
敵が見えない、いないなと思ったらとりあえず投げておくといいでしょう。
音がなれば味方も気づいてくれるのでとても大事なポイントになります。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ
■ポイント①
中央の柱の左側に投げます。こちらに投げる場合のメリットとしては、奥のエリアまでちょっと塗ることができるということ。あとは、柱を相手陣地を見たときにじっくり見渡せるということです。もちろん相手は嫌がって左奥の広場か自軍への通路に戻りますので、散らせることができます。無理に滞在すれば着るチャンスにもなります。

■ポイント②
一見1と同じように見えますが、役割が変わってきます。
まずは、左奥の高台位置までの邪魔ができるということです。1に比べて手前になったことで影響範囲が変わるわけです。続いては、投げ方として左奥の広場に敵がいないということです。こちらにいる場合は投げてしまうと雨の無駄遣いになります。
なので、左奥の塗りができているときに邪魔を前提で投げることをお勧めします。

■ポイント③
高台の敵への邪魔になります。できれば画像のちょっと左側に投げてもOKです。
ここに投げることによって逃げ道は下に降りるしかありません。また、降りたとしても雨が降り続けるところにいないといけないのでちょっとでも下手をするとキルされます。それを意識して味方がいればアメフラシと挟み撃ちを狙っていきましょう。

■ポイント④
左奥の広場制圧時に投げるポイントになります。制圧をした場合、相手は通路を通っての侵入が多くなります。
もちろん左右も使いますが、圧倒的に正面が多い気がします
そこに対して雨を降らせることで相手に嫌がらせができ、雨が降っている時間退かせることができます。
着る目的ではなく、退かせるタイミングとしても有効なポイントです。

■ポイント⑤
左奥エリアと中央的高台を制圧していたときに投げます。
理由は侵入ポイントが左に固まり始めるからです。高い位置にあり、敵も侵入できないポイントなため(ルールによって)長射程や後ろを取りにくる敵が多いです。そうなった場合、ここに雨を降らせることで相手の邪魔ができ、かつ降りてきてもキルしやすい状況ができますので、とても有効です。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第九回」でした。
マンタマリア号はここまでです。
中央の柱と高低差によって雨が投げづらい印象もありますが、雨で相手の動きを止めつつ、邪魔をすることが有効なのかと思います。
逆に追い込まれるときついエリアですので、抑えられる前にこちらから仕掛けていきましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました