【スプラトゥーン2】青スパ研究(チョウザメ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第六回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「チョウザメ造船」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
まず、ポイント1については、初動で投げておくといいです。理由は潜伏の相手をクリアリングするためになります
この位置は短射程が潜伏し様子を伺う場所です。またスピーナー系もここでチャージして一気に出てくる人もいます。
また、橋の下を通る道にもなりますので先に投げておくと警戒することができます。

■ポイント②
チャーポジですね。ここはとりあえず投げて長居させないようにしましょう。
投げておくだけで高台の位置を十分に邪魔できます。また、いなければいないで攻めることもできるので裏どりの確認にも使えます。相手の適地を荒らしたいときは先にクリアリングをするようにしてください。

■ポイント③
こちらも長射程ポジションですね。ですが、射程にかかわらず侵入経路の一つになります。
相手からすれば上から攻撃できるので一見逆転狙えそうですが意外と撃ち落とされやすいポジションです。
また、警戒をするためにここにポイズンを投げておくと相手は不利な状況からの侵入になりますので余裕があれば投げておくといいと思います。またガチホコでは自軍のここに投げておくと相手の侵入を拒むことができるので持たれたときは投げておきましょう。

■ポイント④
こちらも敵の邪魔ポイントですね。動画ではこの周辺いついて考え方を載せています。
エリアではあまり有効でないですが、他のルールになると壁が塗れるためポイズンがとても重要になります。
スロープを登る際など壁裏に隠れられていたりするので、ポイズンでクリアリングをしとくといいです。
ただし、ここは相手の陣地ですのでクリアリングが甘くなることも覚えておきましょう。

■ポイント⑤
こちらも長射程の邪魔ですね。ん〜、本当にポイズンはここでは限られますね。
また、ここまで攻めていると、自軍がかなり有利な状況になります。
また、相手に挟み撃ちにされやすくもなります。そうならないために、この位置に投げておき、相手が降りてくるポジションを絞っておくとキルされにくくなります。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ
■ポイント①
投げ方としては真横に投げるのも有りですが、相手の潜伏の邪魔をすることも考えると斜めに投げるのも有りです。
ただし、正面は相手がいますので、先に正面の対処をしてから投げることをお勧めします。
そうしないと雨すら降らすことができないですからね。
■ポイント②
正面の突破口に使います。もちろん高台とスロープ後ろの潜伏の邪魔をするためでも有ります。
出来るだけ相手を視認できるようにするのが大事なので、ここで投げておき相手の邪魔をしていきましょう。
また、邪魔をするついでにキルできるなら積極的にしてもいいと思います。
ただし、退き際を見極めてくださいね。

■ポイント③
ポイント3は2と考え方が似たところがありますが、違いとしては自陣の塗り状況に合わせてとなります。
右側の塗りができている時に投げるくらいです。また、投げたとしても濡れる範囲が狭く効果もあまりない印象です。
ただし、右側からの制圧をしたいときは壁裏に隠れている敵をあぶり出すには十分なので投げてみてもいいかもですね。
ただし、アメフラシの効果は薄くなりがちです。

■ポイント④
こちらはポイント1と逆位置になります。
ですが、投げる時に高台法会面に向かって投げると長射程の邪魔にもつながります。
塗りとして使うと難しいところですが、相手を一時的に退かせるために使うと思ってください。
また、ポイント1と合わせて注意があります。ここに投げることによって敵が雨をしのぐのに通路の下を通ってくるときがあります。そのためそこから打開をされることがよくありますので、橋の下を警戒するようにしましょう。

■ポイント⑤
ルールでこのポイントは投げるかどうか決まります。
エリアではそもそも使わないですね。また、ここまで執拗に相手を抑える必要もないのでアメフラシを持っている場合は人数不利になったら使いましょう。このポイントを使うのであれば、エリア以外のルールですね。
ちなみに投げる理由は、高台敵の邪魔になります。
チャーやハイドラがいるとここで狙われますので、邪魔をする目的であれば有効です。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第六回」でした。
チョウザメ造船編はここまでです。
正直動画を撮っててそこまでいい使い方はないなと思いました。でもキルすることを目的とせず邪魔だけを考えるのであれば有効なのかなとも感じた次第です。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました