【スプラトゥーン2】青スパ研究(タチウオ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第七回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「タチウオパーキング」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
チャー、スピナーポジジョンになります。ただし、ここに詰めるまでがちょっと大変です。
上手い相手では逆に射抜かれてしまいますので、味方の邪魔と合わせて投げるといいと思います。
また、バレていない時に投げておき、相手を滞在させないようにしましょう。高い分見えないのでクリアリングするのは必須です。

■ポイント②
インクレール周辺の相手をクリアリングするのに使います。この周辺も相手が陣取りやすい場所になっているため、距離を置いて待ち伏せしていることがあります。先にポイズンで牽制しておき、相手の位置に合わせて奇襲をかけるのがベストです。ただし、直線的になりますので、無理して攻めなくても大丈夫です。

■ポイント③
壁の影に隠れている相手をあぶり出すのに使います。
ただし、動画でも説明しているように上手い人は細い道を使って奇襲をかけてきます。
相手がいるのが確実にわかっていた場合は、置き撃ちをするのも一つの手になります。

■ポイント④
ポイント3と考え方は同じになります。
ただし、相手が沖撃ちをして構えている可能性があるのでポイズンでクリアリングするといいかと思います。
できれば、上から投げたほうがいいと思いますが、下に降りて突っ切る場合は投げておいてください。
また、味方が一緒にいるなら4に投げて2に投げるということをしてもいいかもしれません。ただし、サブ効率をつけてないとダメですよ。

■ポイント⑤
劣勢時の裏どりを防ぐためのポイントになります。
投げ方もシビアになりますが、相手が近寄らないために投げておくのもありです。
ただし、そこまで効果は高くありませんので、置き撃ちするほうがいいのかなと思うポイントになります。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ
■ポイント①
高台の邪魔と、相手を追い込むためのアメフラシと考えています。
できれば、味方もいる状態がベストですが、高台に大人数いる時は散らせるのが有効ですので、雨を使って相手を散らしてしまいましょう。
あとは、壁を登ってうまく挟み撃ちすることです。

■ポイント②
左側からエリア中央を斜めに塗る投げ方になります。
真横に横断させるのもいいですが、完全に相手に背を向ける可能性があり、隙が生じやすくなります。
もちろん動画で紹介した場所も危ないですが、視界がまだ開けている分、周りさえちゃんと見ていればしっかり投げれます。ただし、雨でサイズが縮小しているのでそこまでは塗ることができません。しっかり自分でも塗りを合わせてしましょう。

■ポイント③
ポイント2の反対側になります。こちらは高台の制圧をしている時に投げるポイントになります。
制圧せずに投げるのは危険ですのでダメですよ。
使い方としては、敵が左側に集まっている時に使うと良いかと思います。または、高台を制圧して味方を援護する時ですね。
使うシーンは限られているかもしれません。むしろまっすぐ横に投げたほうが有効かもしれませんね。

■ポイント④
高台確保に向けて投げるポイントとして使っています。
アメフラシはこれくらいの高さであれば高いところでもしっかり塗ることができます。
また上から降りてくる敵は雲によって視界が悪いため近づき難くなります。上から降りてくる相手にたいして目くらましをしつつ壁を登れるため、牽制用として投げると良いかと思います。

■ポイント⑤
使い道としては、ホコとヤグラぐらいでしょうか。最後の制圧で使うくらいになります。
限られた使い方ですね。通路が狭く、相手からすると壁がありさらに見下ろせます。
防衛には好条件です。そういった相手に対してアメフラシは妨害をするのにうってつけですので、このタイミングでスペシャルがある場合は積極的に使っていきましょう。逃げようにも逃げきれない嫌らしい使い方になります。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第七回」でした。
タチウオパーキング編はここまでです。
高低差が激しいマップなのでアメフラシをウッカリ高い位置に当ててしまうと、一番下のエリアを塗ることができません。
高さ制限がアメフラシにはあるためです。
しっかりと塗りたいエリアに投げ込みスペシャルの効果を落とさないように気をつけましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました