【スプラトゥーン2】青スパ研究(ザトウマーケット編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第十三回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「ザトウマーケット」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
壁裏の敵がいるか見極めるためとなります。特にこのポイントは相手からすると抑えるポイントとして使われます。
自軍からの向きで言えば、右側ですね。
そうなった場合、この位置を取られると結構やっかいです。特に初動ですね。この位置を抑えることは、長時間の争いの中ではとても重要になりますので、しっかり抑えましょう。特に初動ではですね。

■ポイント②
この場合は、敵高台を維持している時に投げるポイントです。
基本的に上にいる敵に対しては攻撃がしにくいことと、置き撃ちをされるため、登り切るのにもリスクがあります。
そういった時に、ポイズンを投げておき、少しでも相手の動きを制御することで攻撃のチャンスが生まれます。
最悪、引かせるだけでもいいと思っています。

■ポイント③
クリアリングの効果もありますが、一番は近づけさせないというところです。
ここは投げなくても正直起き撃ちをしているだけで強いポジションです。
おりて確実に仕留めるであったり、射程が長めの武器などに対して、引かせるための方法として使うのがベストだと思います。

■ポイント④
ここでは、長射程系の邪魔ですね。スパッタリーであれば、この場所もジャンプ撃ちで容易に相手を倒すことができます。
また、ポイズンを投げておくことでここにいる敵はインクの消費が激しくなるわけです。少しでも時間を稼ぎつつ、あわよくばキルできることを考えると、ポイズンを投げておき、相手の位置を把握するだけでもいいと思います。
一番は、クリアリングというよりも邪魔して使うというところです。

■ポイント⑤
このポイントは警戒用といったところです。投げるのかというと正直そこまで使わなくてもいいです。
使い所のポイントとしては、右側の広場か通路に敵インクが散らばっている時です。そういった時はここから侵入されることがありますので、とにかく投げとくだけでも、警戒できます。
また、意外とここは見落としやすいポイントなので、ちょっとおかしいなと思った時は投げておきましょう。

■ポイント⑥
ここは④と同じく邪魔として使うポイントです。
正直、投げる必要があるのかと言われればそこまで必要ないと思います。ただし、味方がリスキルに走っていたっりする時は、相手がここから倒しに来ることが多いので、投げておくだけでもいいと思います。
といってもそんなに、投げるポイントとしては必要がないところでもあります。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ

■ポイント①
敵の高台に対して投げる方法となります。塗りとしては弱いですが、相手を一旦引かせることができるのであれば、メインの塗りと合わせて、十分に効果を発揮します。
ただし、投げるポイントとしては弱めです。ここに投げるタイミングとしては、初動の時か右に敵が集まっている時のみです。

■ポイント②
敵の高台の邪魔、または、左側に敵が固まっている際には使える投げ方になります。エリアに対しての効果は低いように感じますが、相手を引かせるという点ではいいと思います。
ただし、塗りが弱いので塗りに攻めると一瞬で溶けます。あくまで退かせるというのが最大の目的で、自軍側を整える際に使うのが良いと思います。高台までも届かない感じなので、少し奥目に投げるのがポイントです。

■ポイント③
ここは、ガチヤグラの際に非常に役に立つポイントです。
ここで雨降を投げることができれば相手を強制的に退かせつつ、うまいこといけば、キルもできます。
また、逃げたとしても雨の進む方向と一緒なため、意外とキルしやすいです。
や課題の邪魔のためというよりも、ヤグラ戦の時は惜しまず投げるのがいいと思います。というか、絶対投げましょう。

■ポイント④
敵をさらに追い込む際に使います。ただし、相手も壁に隠れたりすることができるので、キルできる投げ方ではありません。
あくまで退かせて、位置を確認する。または、潜伏の敵をあぶり出す程度です。ここで無理に進むと、スペシャルも無駄になりますし、各ルールであれば、カウンターの機会を生む場所でもありますので、投げた後は落ち着いて見ていきましょう。

■ポイント⑤
中心を取る際に有効です。特に、砂糖は中心部分が長めになっています。
キル目的で使えるかというとそうではないですが、潜伏している敵を引きづり出すには十分なところとなります。
また、なぜここに投げるのかというと、視界の狭さも理由の一つです。
中央の高台、左右の高台と比較的視界が悪いマップです。もちろん上を取れればいいですが、上といっても相手から見やすいポイントなため、かえって目立ちます。
そのため、この直線的なところで相手をあぶり出すというのは、やられるリスクを減らすことにつながりますので、アメフラシも有効かと思います。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第十三回」でした。
砂糖マーケット自体は視界が悪く、短射程は攻めにくいマップだと思います。ですが、壁をうまく使ったり、雨によって敵をあぶり出すことができれば、スパッタリーでもキルがしやすくなります。
その隙を突くように、ポイズンやアメフラシ、または味方を囮にして横槍を入れていくようにしましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました