【スプラトゥーン2】青スパ研究(ガンガゼ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第三回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「ガンガゼ野外音楽堂」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
真ん中お立ち台の正面を取ります。こちらに関しては侵入ルートを左右からくるようにするためとなります。
また、下に潜伏している敵のクリアリングとしても活用できるため、相手が見えない時にクリアリングとして投げておくと潜伏中の相手からキルされる確率が減るかと思います。

■ポイント②
ブラスター系、スピナー系がよく潜伏している箇所ですね。
また、このポイントは相手が裏どりの警戒やチャンスを伺うポジションですので、ポイズンを投げておくだけで警戒ができます。ただし、ポイズンを投げても奥まではクリアリングができませんので、完璧なクリアリングとは思わないようにしてください。

■ポイント③
裏どり防止用のポイズンになります。
投げるタイミングとしては、左側の敵陣寄りの通路が塗られていたら警戒です。また、ここで待機することが自陣の味方では多いので、中央に気を取られて後ろからバッサリ!と言うこともありますので、ポイズンで警戒しておくことをお勧めします。あくまで、相手の侵入が見えた時、または裏取りをするプレイヤーが多い時です。

■ポイント④
チャージャー系、スピナー系の邪魔と、クリアリング用に投げます。
実はここに爆弾を投げたりと邪魔をするのが重要です。長射程相手の時はここに必ずといっていいほどイモリます。
そのため、一生懸命中央を塗ったとしても、一瞬で返されますしリッターであれば好き放題攻撃されます。本当うっとおしいほどに。ですが、ポイズンなどで邪魔をすれば相手の射撃回数を減らせますし、ストレスを溜めれます。そうなるとプレイが雑になってきますので、とりあえず邪魔として投げておくといいと思います。ポイズンの中で打つ人とかいないですからね。

■ポイント⑤
高台から左側の侵入経路の警戒になります。右側にばかり気を取られそうですが、短射程などからすると、相手からの左側のルートで攻めてくる人は多いです。また、この高台から塗りをしてくる相手も多いです。また、上に待機しているのかなど目視では確認が難しいので、ポイズンを先に投げてクリアリングをしておくと安全に登れますので、相手のインクがついている時はとりあえず投げてみるといいです。

■ポイント⑥
ポイント3と同じ考え方にはなりますが、初動での警戒ポイントになります。
特に、ボールドがいる場合この裏取りが多いです。中央の警戒ばかりしていると全滅などもよくありますので、保険としてポイズンを投げておきましょう。結構投げるポイントが重要になりますので、注意を。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ

■ポイント①
中央にいる相手をあぶり出すことと、退かせることが目的の使い方になります。
ガンガゼでは中央を取らないと相手陣を詰め切ることができないので、何気に投げるポイントですね。ですが、キルができないことが多い事だけは覚えておいてください。また、投げた後に追いかけると相手の待ち伏せを受けますので、要注意です。

■ポイント②
中央高台横の通路を防ぐためになります。
相手からの侵入はこのスロープ通路、中央高台、左高台になります。そのため、この通路を抑えることにより高台にいる敵が警戒を始めます。また、塗られていると相手からすると裏取の警戒をするので意識をそらせます。キルよりも邪魔を前提で投げることで相手を撹乱できますので、相手の位置に合わせて投げてみてください。

■ポイント③
ガチマッチ用の高台あたりですね。
正面からは登ることができない高台です。ですがこの後ろの通路は相手からすると狭いですし、雨が降るとうっとおしいポジションです。高台の選挙が取れているか、敵が後ろに確認できたら投げることをお勧めします。ただし、退かせることが優先です。追いかけると相手の待ち伏せに遭いますので、無理は禁物ですよ。

■ポイント④
こちらも相手をさらに追い詰めるためのポイントです。
もし可能であればポイズンと組み合わせて投げるといいですね。ですが一つ注意があります。高台の上に投げないと言うことです。高低差が、あるとアメフラシは効果がありません。なので高台に投げすぎるとアメフラシの無駄遣いになりますので、壁に対して投げることをお勧めします。

■ポイント⑤
ポイント③と同じように感じますが、使い方を分けています。
ポイント③に関しては、ガチマッチのみで出てくる高台後ろにいる敵に対してです。
一方ポイント⑤に関しては、それよりも前の段階です。スロープ付近にいる相手を引かせるためになります。ただし投げた後注意が必要です。ここで相手を退かせた場合、裏取に入られることがあります。そのため、投げて相手の気配が感じない時は、マップを見て自陣が塗られていないか確認をしてください。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第三回」でした。
ガンガゼは中央の確保が重要なマップですが、裏取りの多いマップでもあります。
また、裏取りに専念しすぎると容易に待ち伏せをされるので相手の気を紛らわせたりクリアリングを意識することが重要に感じます。反射神経と視覚に頼るのではなく、ポイズンでしっかりクリアリングをしていきましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました