【スプラトゥーン2】青スパ研究(エンガワ河川敷編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

青スパのサブスペ研究 第十一回」です。
青スパの研究をしていきたいと思います。
研究としてはサブとスペシャル別に使用方法を動画と合わせて解説をしていきます。
研究といっても、ホコは青スパでXにしているのである程度の実用性はあると思います。
ブログの内容としては、要は使い方とタイミングですね。それを各場所で説明をしていきたいと思います。

マップは「エンガワ河川敷」を今回ご説明いたします。

では解説の前に、見る上での考え方の説明です。
1:ポイントの位置はあくまで参考です。(優劣は関係なし)
2:動画で補填をしているので、文章では完結していません。(完結する場合もあり)
3:すべてガチエリアで統一(マップの変化が少ないため)
4:攻めというよりもサポート寄りの使い方になります。
5:基本を抑えるため実践の動画ではなく、散歩で解説をします。(実践は応用になるためです。)

基本的に、キル専門の動きではなく、相手の邪魔やサポート寄りの考え方になっています。というか、勝つためには戦犯を作らないようにサポートしてなんぼと思っていますので、その点を押さえてみていただければと思います。

では、早速やっていきましょう!

1:動画で解説

2:ポイズンミスト

■投げるポイントMAP
ポイズンミスト
■ポイント①
敵侵入を防ぐポイントなります。裏どりが多い時には投げておきたいポイントですが、アサリの時も投げておきたいポイントです。アサリの時はここにインクレールがあるため、敵の侵入がしやすくなっています。
もちろん目視できれば怖くないのですが、正直インクレールからジャンプしてシュートが決めれるので、通らせない様に意識していきましょう。

■ポイント②
右側から攻める時の投げポイントになります。
高台かつ壁があるため敵の確認がしにくい場所です。また、ここで待ち伏せなどする人がいるのでクリアリングとして事前に投げておきましょう。ここに投げていない時は右側の侵入ルートあたりか、投げたポイントの奥にいることが多いので、待って相手の動きを観察しましょう。

■ポイント③
初動時や壁を境に対面している時に有効です。
ポイズンを投げることによって敵が自軍に戻る時にもたつきやすくなります。そのため、キャラコンが苦手な人をキルできるチャンスが生まれますので、敵がいたら投げておくといいです。
もちろん音で索敵ができるので沖撃ちも決めやすくなります。

■ポイント④
敵を抑えた時に有効なポジションです。ここに投げている時は敵が上か後ろから来ることが多いので投げた後は正面だけでなく周りに気を使いましょう。ポイズンを投げて相手の動きを誘導する意識をするととてもいい使い方になります。

■ポイント⑤
相手の防衛ポイントになります。
ここには長射程武器が多くいますし、ビーコンの設置場所として優秀です。
そのため、ここから後ろを取られたりすることも多いです。
事前にポイズンを投げておき敵が逃げざるおえない状況にすることで敵をあぶりだせますので、インク余裕があれば投げておきましょう。

■ポイント⑥
こちらはエリアとアサリの時に有効なポイントです。
敵の打開を阻止するために投げます。エリアとアサリとヤグラに関しては、裏どり合戦になりやすいのがエンガワです。
特にここから打開されることが多く敵が高いところから攻めてきやすくなりますし、こちらの視界が悪くなります。
近づくのは危ないので、ポイズンで警戒をするために投げます。
逆にとホコは位置バレしているのでここはあまり役に立ちません。というよりここまで来たら一気に攻めたいところになります。

3:アメフラシ

■投げるポイントMAP
アメフラシ
■ポイント①
自陣よりから斜めに投げるポイントです。
ここに関しては塗りをするというよりも、相手を中央から引かせることが目的です。
エンガワは攻撃の起点は左右からになりますが、中央に長射程をいさせるととてもやっかいなエリアでもあります。
出来るだけ中央に敵を長居させないためにも雨を使うといったところです。
できれば中央の壁に当てて敵陣まで雨を降らせるとさらに有効になります。

■ポイント②
敵の手課題の邪魔が最大の目的です。特に長射程がいる時は意識して投げましょう。
ここにいる場合、嫌がって降りてくるか退いてくれますので、結構便利です。
ただし、相手から位置バレしやすい場所ですので、投げる時は要注意です。

■ポイント③
ホコ、ヤグラ、アサリで効果を発揮するポイントです。特にホコはここで投げれるかどうかで変わります。
アメフラシは敵陣地を効果的に荒らすことができますし、無理やり滞在している敵にスリップダメージが入ります。
雨の中であればスパッタリーでも複数キルのチャンスが巡ってきますので、雨をうまく使って相手をキルしてください。
何よりも敵陣が自陣のインクで塗れることが本当にいいです。

■ポイント④
こちらは、マップ下側がほとんど制圧している時に投げるポイントです。
または、このポイント4から攻める時に投げる程度ですね。
ここから投げた場合相手を退かせることはできますが、キルはできないということを覚えておいてください。
相手からすれば自陣内に降ってきたとしてもそこまで脅威を感じません。ましてや長射程が多い時はアメフラシがいる合図となるので、待ち構えていることが多いです。
投げる時は短射程が多く、味方と挟み撃ちできる時に使っていきましょう。結構限定される投げ方です。

■ポイント⑤
考え方はポイント1と同じになります。
ただし、ここで投げる場合は敵の制圧ができた時、または安全を確保できた時のみになります。
なんなら敵陣に投げた方が有効な気がしますが、エリアやヤグラの時はこの中央はとても大事になりますので、エリアとヤグラ限定になりやすいかもしれません。

4:まとめ

「青スパのサブスペ研究 第十一回」でした。
エンガワ河川敷いかがでしたでしょうか?僕はホコで一番好きなマップでXに上がる時には、自分にとって必ず勝てるマップという位置付けでした。ですが、実際には裏どりが多く、警戒心が弱いと全く勝てないことや、視野の広さが重要なマップなので、ルールによってはコテンパンにされる印象です。
相手の侵入場所を抑えて、ポイズンとアメフラシを投げると試合の流れをつかめますので、ぜひ侵入経路を覚えてください。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

タイトルとURLをコピーしました