【スプラトゥーン2】ロボットボムについて

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のサブウェポンでご紹介したのは、「ロボットボム」です。
追跡型のこのボムは音が小さいこともあって相手の背後を狙うのがとてもいいボムだと思います。
また、追跡は数秒行ってくれますので、嫌がらせにはもってこいですね。
では、早速解説していきましょう!

1:ロボットボムの基本について

ロボットボムを使うと下記の行動がおこります。
1:ボム自体が軽いため、と多くに飛びやすい
2:壁に当てると跳ね返りがすごい
3:追跡するので、相手の背後からが有効。
4:ダメージは150。
5:周りに敵がいないときはその場で爆発する

■通常の使い方の場合

ロボットは追いかけていくことが特徴です。
そのため、相手のいそうなところに投げることで大体の位置がわかります。
ただし、追いかけている相手に索敵のマークをつけることはできないので予測になります。

2:着弾する場所の影響は?

では、定番になりつつある金網の実験をしていきましょう。

■金網のうえから当てた場合


カーリングボムと同じで150ダメージということもあり、爆風ダメージは下まで届かない結果となっています。
また、相手がいるときは狙っても近くの敵に行くのであまり有効な爆弾とは言えないですね。

■金網の下から爆発させた場合


もちろん下から爆発しても同じです。
炉ボムの使い方としては、やはり相手をあぶり出すことに特化したほうがいいと思います。

3:ギアによる差について

■サブ効果アップ3.5を積んだ場合


この場合は、4.5個分の飛距離になっていますね。
ロケットボムは相手の背後になっゲルのがとても有効です、それを考えるとこれくらいの飛距離は飛んでくれるといいですね。
また、高台の敵にも攻撃はしたいので、そういった時には役立ちそうです。

■サブ効率3.7を積んでいない場合


連続で投げれる数としては2個です。
相手を追いかけていくことを考えると2個というのはかなりめんどくさい感じもします。
通常のボムでもめんどくさいので、、鬱陶しさ倍増といったところでしょうかね(笑)

4:ロケットボムの軽さをいかす



今回は2つの動画を用意しました。何れにしても壁を使った投げ方です。
この使い方のいいところは、壁の奥から投げれるということです。
また、索敵範囲に相手が入れば追いかけてくれるので、うまいこと追い詰めることができます。
マップを利用した使い方をしたい時にぜひ試してみてくださいね。

5:ロケットボムの参考例をどうぞ

では、ロケットボムは不慣れなのもあった分苦労しました。
結果としては、キル目的としては使わない!の結論です。では実戦での結果をどうぞ!

■敵の陽動に使うべし
基本的には、挟み撃ちに使うことで効果を発揮すると思っています。
いくつかそれを用意してみました。
・上から追い詰め挟み撃ちにする


・正面に投げ、相手の注意をそらせる

・ボムの反対側に回り込んで挟む

基本的に投げた後は挟み撃ちにするのが有効だと感じました。
炉ボムの役目として、びっくりして帰ってきた敵を逃さないためですね。

■クリアリングとして使う


相手塗りが優勢な場合や、視界が悪い場合に有効です。
今回は視界が悪い場合ですが、ロボムが動いた方向でだいたい敵の動きが予測できます。
エイムが悪く仕留めれませんが、クリアリングとしてはあぶり出しもできてますし、十分です。

■相手の背後に投げて気づかせないようにする


ロボムの魅力は軽さと追跡です。
それを最大限生かそうと思うと相手の背後に投げるのが得策です。
音でバレることもありますが、前線の場合は相手が気づきにくいことがありますので、試してみてください。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「ロケットボム」を紹介しました。
ボムというからキル向けなのかなと思っていたのですが、むしろ囮などに使うのが良さそうな印象でした。
ボムの特長をを考えるととりあえず投げればいいというのは違う気がしてきますね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました