【スプラトゥーン2】タンサンボムについて

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のサブウェポンでご紹介したのは、「タンサンボム」です。
新しく増えたサブウェポンで、振ることによって爆発の回数が変わる変わった武器ですよね。
それと同時にとてもダメージが高く厄介なボムです。
では、早速解説していきましょう!

1:タンサンボムの基本について

タンサンボムを使うと下記の行動がおこります。
1:ジャンプやガチャコンをすることで振ることができる
2:弧を描くように飛んでいく
3:転がすこともできる
4:振る回数によって1〜3回の爆発になる
5:地面に接してなくても足元を塗ることができる

■通常の使い方の場合

見た目に反して、結構強力なイメージがあるタンサンボム。使い方によっては遠くから攻撃できるためとても厄介です。また、長射程に対して使うことで効率よく邪魔ができるので味方にいると心強いボムになります。

2:爆発のタイミング

実は、タンサンボムは地面についていないと爆発をしません。
検証動画でそれを見ていきましょう。


2回目の爆発のタイミングがずれているのがわかったでしょうか?
基本的のスプラッシュボムと同じ性質になりますが、空中で爆発しないだけ良かったなというのが本音です。
ですが、壁裏にいる相手にはうまくコントロールすることで攻撃もできるわけですね。

3:空中に投げても足元を塗れる

タンサンボムの強みの1つとして、機動性の高さです。


動画を見てもらうとわかりますが、空中に投げているにもかかわらず、足元が塗れているのがわかったでしょうか?
このことから、空飛ぶカーリングボムといっても良いのではと思います。
ボムに気を取られていると、敵に詰められてしまい、やられるなんてこともありますので、みなさん気をつけておきましょう。

4:タンサンボムの参考例をどうぞ

では、タンサンボムの実用例をいろいろ見ていきたいと思います。また、今回はホコとシールドなども検証していきたいと思います。

■相手の足場の悪いところで使うべし


これは、基本の使い方になりますが、タンサンボムは強力なことから相手に逃げられてしまいます。それを防ぐためにですが、逃げそうな方向に投げたり、足場の悪いところに投げると刺さりやすくなります。動画は金網だったので、空中に浮いた時間を利用してうまくキルできました。

■メインと組み合わせて挟み撃ちにする


ボムの基本になりますが、挟み撃ちにすることで効率よく倒すことができます。
今回は、タンサンボムで相手の位置を絞っていき、メインでとどめを刺したパターンになります。
本当は引いた方がいいのですが、周りに敵がいない感じでしたので詰めてみました。

■シールドに投げるのはやめとくこと


タンサンボムの強みは爆発しながら前に進むことですが、シールドの前では無意味となります。
シールドによって前進はおろか、爆発も届いていないという結果になりました。
もし投げるのであれば、シールドの後ろか横に投げるのが得策になりそうですね。

■インクアーマーは剥がすだけ


インクアーマーに関してですが、剥がす分にはいいのかなと思います。
ですが、キルするには至らないといった結果になりますので、無理にはボムで対策はせず逃げるのが得策なのかなという印象でした。

■ホコの爆発は積極的に
最大振りで2回投げれば爆発ができます。


これは、ボムとしては最速なのではと思います。
また、遠距離からの爆発ができるためオバフロとの対策でも使えるのではと思います。
タンサンボム持ちであまり爆発に協力する味方を見ませんが、この効果を知らない使い手が少ないのかなと思ったりもしますね。
ですが、スパッタリーにはかなわないでしょう!w

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「タンサンボム」を紹介しました。
ケルベッチューなどについていますが、印象としては強力なサブには変わりないイメージでした。
何より射程が届かないところにとりあえず投げていればいいなという感じだったからです・

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました