【スプラトゥーン2】スプリンクラーについて

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)
巷では、今やスマブラが流行っていますね。イカ勢もスマブラに移行してる方を見ますが、僕もその1人です(笑)
ですが、スプラは1日1回は開くと決めているので、腕は訛らないと信じています(笑)

では、今回のサブウェポンでご紹介したのは、「スプリンクラー」です。
壊されたりしない限りは永遠とインクをばらまいてくれるスプリンクラー。ある意味2人で塗りをしているようなもの。
使う人によっては使えないというかともいますが、僕なりにまとめてみましたので参考になればと思います。
では、早速解説していきましょう!

1:スプリンクラーの基本について

スプリンクラーを使うと下記の行動がおこります。
1:その場で円形にインクを撒き散らす
2:勢いはどんどん弱くなっていく
3:壊されるか、2個目を出さない限りは壊れない
4:インクダメージ20入る
5:壁・天井どこでもある程度ひっつく

■通常の使い方の場合

円を描くように塗ってくれます。
塗られ方をまず把握するのが大事なので、投げる場所さえ気をつければ効率よく塗りをすることができます。
また、スペシャルも効率よく貯めることができるわけです。

2:着弾する場所の影響は?

では、今回は様々な場所に貼り付けて変化を見てみましょう。

■壁に貼り付けてみる(低)


壁にそのまま貼り付けてみました。スプリンクラーを中心となりますが、横向きのため扇型の塗り方になります。
下の塗られた形も奥義っぽいでしょ?

■壁に貼り付けてみる(中)


続いては、高さを変えてみました。
試し打ち場のためあまり効果の変化が見づらいですが、高さが変わるほど撒き散らすインクは変化します。
若干ですが、範囲が広くなっています。

■壁に貼り付けてみる(角)


角の場合、ほとんど塗ることができません。というか全く役にたたないと思います。
円形にインクを散らすので、広い場所かつ、壊されにくい場所が大事なのかと思います。

■金網のうえからの場合


上から投げた場合、全体に綺麗に撒き散らしてくれます。
ただし、円形にインクを撒き散らすため、中心のみが空白となってしまいます。
中心が塗られないというのだけを覚えておけばそこだけを塗って移動すれば効率よく濡れますね。

■金網の下からの場合


やってみてびっくり打たのですが、めちゃくちゃ綺麗にドーナツ型の塗り方になります。
これは、高さがあればもっと濡れるのですが、低い場合は濡れる範囲が狭く役に立たないかとおもいます。

3:ダメージに気をつけろ

スプリンクラーについてですが、塗りだけのサプと思っていたら大間違いです。
敵との乱戦中などは特に危険です。
インクの飛び方はランダムですが、敵のインクを2、3発受けているとスプリンクラーで死んでしまうこともあります。
軽くみがちですが、敵との乱戦中などにスプリンクラーがあるときはなるべく離れるようにしましょう。

4:設置場所を考える

スプリンクラーは設置場所が悪いとすぐ破壊されるため、設置場所の意識が重要です。
これはビーコンにも共通することですが、スプリンクラーの場合はインクが飛び散るため必ずバレます。
そのため、バレても相手が壊しにくいかつ、囮に使えるポイントに仕掛けることが重要です。

■相手からみて、壁裏に設置すること


平坦な所に置くのも大事ですが、基本は壁裏に設置するのがいいと思います。
ただし、敵との戦線ラインで設置する場合です。
自軍側の場合はそのまま平坦な所に設置してもいいですが、前線で設置する場合は、必ず壁の裏に設置をする意識をするようにしてください。
また、敵が壊しに来たとしても、相手からした敵に背を向けて壊す行動をするため意外とリスキーです。

■高い所に設置する場合はそのまま設置するのは適切ではない


こちらの動画を見てもらうとわかりますが、基本的に高い所に設置するとしても、通常通り置いてしまうとあまり効果を発揮しません。
むしろ、その分自分で塗ったほうが早いです。なので、高いとことは壁に貼るか逆さになるように貼り付けるのがいいと思います。

■角度に気をつけること


設置場所についても角度には気をつけるようにしてください。
今回は障害物に対して投げてみましたが、角度が変わるだけでこれだけ塗り方が変わります。
できれば、自軍向きにしておくと相手からは壊しにくくなるので、ちょっとした角度をうまく使うのが大事かと思います。

■高い場所に設置するときも角度に気をつけよう1


高い位置に真下に設置した場合となります。インクがドーナツ型に塗られていますが、位置が高いため、広く塗られています。
たかいほどゆうこうですが、その分隙間もできるようになりますね。

■高い場所に設置するときも角度に気をつけよう2


一方同じ高さですが横向きの場合は、飛距離が変わります。
こちらは、通路の内側まで塗ってくれるのでより実戦で活躍しそうな塗り方になっています。
敵にわかりやすい位置になったていますが、正直位置的に敵からしたら壊すのが面倒な位置になるため、とてもやっかいです。
高すぎる場所の場合は、できるだけ横向きにして設置するのが重要なのかと思います。

5:スプリンクラーの参考例をどうぞ

実戦と、マップでの使用方法を参考に説明をしたいと思います。
正直、ビーコンと同じで設置場所を覚えるのが重要なのかと思いますので、自分なりに設置場所を探してみてください。

■相手の侵入口に設置する



これは、優勢の場合ですが、ちゃんと理由があります。
敵も盛り返したいと思って足元を塗って攻めてきます。
そうするときにこちらも塗り替えそうと応戦をしますが、それをすることで位置バレをしてしまいます。
位置バレをするということは相手にキルするチャンスを与えてしまいますので、スプリンクラーに塗りを任せ、自分は潜伏しながら来たところを抑えるのがとてもいい戦法になります。

■囮として使い、敵をあぶりだす


2つともですが、相手がスプリンクラーを壊しに来て注意散漫になったときを狙った瞬間となります。
スプリンクラーは放っておくと塗られるていきます。しかも壊さない限りです。
こうなると、敵からすると不利な状況ができてきますので、壊さざるおえない状況になるため、必ずでてきます。
そこをうまいことキルすることで有利になります。
また、壊されてもこのあと設置してしまえば一緒です。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「スプリンクラー」を紹介しました。
検証する前は正直苦手だったので不安でしたが、使い方を覚えたら意外と使い勝手のいいサブでした。
特に塗るというより囮として設置したりするのがとても楽しかったです。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました