【スプラトゥーン2】スプラッシュシールド(特長編)

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のサブウェポンでご紹介したのは、「スプラッシュシールドの特長」です。
「基礎編」「特長編」「応用編」「スペシャル対策1〜」の第2弾になります。
内容としては、スプラッシュシールドの大きさと、シールド周辺の検証についてお話をしていきたいともいます。
正直、知っていると生存率が上がると思うので、うまく活用して欲しいと思います。

では、特長編の解説していきましょう!

1:スプラッシュシールドの特長について

スプラッシュシールドは前回の紹介以外に下記の特長があります。
1:高さがインクリングの2倍ほどになる。
2:シールドの中は無敵に近い
3:爆風をある程度まで抑える(例外あり)
4:残り時間は、真ん中の棒に表示される
5:シールドしたはインクを塗り返されることはない

実は、シールド周辺は使い方によってはダメージを全く受けません。
むしろ、これを使ってイカジャンで逃げることもできます。
それでは、検証動画でそれを見ていきましょう!

2:高さを活かしてチャーの邪魔をする

これは、接近する際に使用する方法になります。
できれば、逃げたほうがいいですが、どうしても引けない環境の時に有利に回れるかと思います。

■高台下に設置して、射線を防ぐ


高台下に設置しましたが、大体のマップの障害物はこのくらいの高さです。
そのため、ある程度の距離までは攻めることができます。ただし。ジャンプ撃ちをすると角度が変わりますので、使い所やチャーのため具合を見誤ると撃ち抜かれますので、あくまで味方の援護や邪魔をするための方法になります。

■離れてしまうと+自分視点


若干邪魔にはなりますが、離れた相手に対しては、そこまで影響がないことが言えます。ただし、頭あたりを狙わないといけないので、ちょっとエイムをシビアにさせる感じとなります。でも、ジャンプ撃ちしたら狙えますね(笑)
ということは、離れればこの邪魔も無意味ということですね。

3:シールドの真下はメイン攻撃は受け付けない

動画を見てもらうといいですが、チャーでいくら照準を合わせてもマークが変わりません。
このことから言えるのは、当たり判定が発生しないということです。

■シールド潜伏時

■インクリンク時


見比べてもらうとわかりますが、若干人状態の方が当たり判定が発生する時があります。
これを考えると潜伏していればとりあえず位置がバレないということと、イカジャンをして逃げるだけの時間は稼げるのがよくわかります。
これ、壁際で使ったらめちゃくちゃいいなと思いました。

4:ホコガチマッチ活用について

ガチマッチで特に力を発揮するのがこのホコだと思います。侵入を塞ぐのももちろん、使い方によっては、爆発を防げます。
ただし、これは、潜伏の仕方によって全く変わるのでそれを動画と合わせて説明したいと思います。

■ホコ下の爆発でも耐えることができる


耐えることができます。ただし、シールドの下にいる時のみです。
動画を見てもらうとわかると思いますが、シールドの後ろまでインクが敵インクに変わっているのがわかると思います。
ということは、ホコ爆発は、シールドを通り越して爆発ダメージを与えていることになります。
たまに、味方がシールドを投げてくれますが、大事なのはシールドの真下にいるということだと思います。
撃ちながら足元の調整をするといいかもしれないですね。

■ホコ真正面でも耐えることができる&吸い込まれる


良い面と悪い面の話をしたいと思います。
まずは良い面は、正面でもシールド下にいれば無傷で助かるということです。
悪い点というのは、シールドはホコの膨らみに吸い込まれるという点です。
これがとてもやっかいで、展開前がとても弱いのがスプラッシュシールドの特長です。
投げる位置を間違えると一瞬にしてバーーーンです。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「スプラッシュシールドの特長」を紹介しました。
正直、ここまで耐えることができたのは意外でした。
やりながら「お〜〜〜〜〜!」と何度いったことか(笑)
次回は全一の方の動画を自分なりに解釈して実践動画を撮りたいと思います。
これ、むずくてできんやろなというのが正直な感想です(笑)
提供してくれたミズチュンのためにも、頑張ってみます!

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました