【スプラトゥーン2】スパッタリー漫談(立ち回り編)

スパッタリー漫談

スパッタリー好きの皆さんどうも!

今回は、「立ち回り」について話をしていきたいと思います。
有名なスパ使いの方が解説をよくしているので、正直掲載するか悩んだのですが、ぼくなりに解説できればと思います。
ちなみに、前回までの記事で説明した内容もありますのおさらいも兼ねて読んでいただければ嬉しいです。

1:視野が広い場所を確保すること

スパッタリーに限った話ではないですが、視野が広い場所を確保することはとても重要です。特に短射程ではです。
あしんさんや、のっくさん、ミズさんのようにキル力とエイム力があれば別ですが、、、。
基本スパッタリーでは視野を確保することが重要です。
理由は潜伏と相手に横槍をしてキルするためです。
短射程と、スライドの速さを最大限に活かすためには、この視野というのが非常に役に立ちます。
視野の確保さえしてしまえば、責めることも一気にできます。


相手位置の把握がこの動画ではキルができた要因になっています。

2:壁がスライドを活かす

スパッタリーを使うにあたり、壁周りの動きはとても大事かと思います。
もちろんボムコロには注意しないといけないですが、壁を使うかどうかでスパッタリーのスライドの強さが変わってきます。
理由は、射程差を埋める手段だからです。
では、実際に壁を使って詰める動画を見てもらえればと思います。


実際に、チャーが気づいはいましたが、フルチャーになるかどうかのタイミングんだったのでうまくいきました。
射程はありますが、壁により、直接攻撃をするのは難しいです。
ですが、相手への距離を詰めて無理やり射程内に持っていけば対処もできるところとなります。
ただし、チャーやスピナー系には正面ではなく横から狙うよにしていくとさらに◯です。

3:キャラコンが必須

スパッタリーを使っていて思うのが、キャラコンが大きく影響しているように感じます。
移動方法、壁の使い方、スライドの入力、逃げの方法など様々ですが、どれを取ってもキャラコンがある程度あると劇的に立ち回りが変わると思っています。
では、こちらをどうぞ。


壁を使った方法になりますが、そもそも壁塗りと牽制、入れ替わるタイミングなどいろいろ要素が入っています。
もちろん反転のエイムも大事ですが、壁をうまく使って相手の背後に行くというのが大事です。これくらい壁も使ってのキャラコンができるとキルのバリエーションが増えてきますので、攻め方も増えます。上に登り切るというリスクも減りますしね。

4:攻撃のバリエーションを持つ

単純にスライドをして撃つというのが大事なのですが、スパッタリーでは劣勢な時が多いのでいろんな攻撃のバリエーションを覚えるのが大事です。
もちろん、壁を使った攻撃にも単純に潜伏するものから、壁を伝って攻撃や、壁スライドで背面を取ったりと様々です。
どれも使う場面は限られますが、数が多いというのが大事なのです。
絶対使わないとは言えないですよね。むしろその少しの場面で逆転することも可能になってきます。
なので、キルのバリエーションを増やし、その速さに慣れることでさらに対面の質が上がると思います。単純にスライドしてちゃダメってことですね。
個人的に好きな動きを載せておきます。


移動、キル、裏どり、塗り、ジャンプ撃ち、スライド撃ち、歩き撃ちなど様々な要因が入っていて個人的にはうまくできた内容でした。
パターン化するのではなく、相手を錯乱しつつ戦えるのも魅力ですよね。

6:まとめ

いかがでしたでしょうか?
正直これをしたから勝てるとは思いません。
基本的に、前線の維持か詰めていくため、前線ラインを意識して発揮します。
塗りができてない状態でツッコミ壁に隠れてもあまり意味がありません。
視野がただ広いところで待っていてもダメです。
前線ラインの、どこにこの要素を満たすところがあるのか見ながら攻めて行くといいと思います。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました