【スプラトゥーン2】スパッタリー漫談(対面編 Part 1)

スパッタリー漫談

スパッタリー好きの皆さんどうも!

今回は、「対面編 Part 1」について話をしていきたいと思います。
前回は、集弾性についてお話をしましたが、続いては、対面についてお話をします。
この対面については、正解ではありません。
あくまで攻めかたの種類を増やすために参考となればいいと思います。
では、対面についてですが「正面」の対応についてお話をします。
スパッタリーは短射程ということもあり正面での対処の仕方で大きく変わりますので、それを解説していきたいとおもます。

1:先ずは逃げるということ

基本は、逃げるの一択です。
理由は、勝てる射程の武器が少ないということです。
スライドを使えばいいじゃんと思うかもしれないですが、それは自分より相手のエイム力が劣っている場合のみ有効です。ある程度の段階まで来ると正直逃げて自分の強みを生かす以外厳しいです。


対面時に何度が引いています。ですが、後半の二人はキルできる確信があったので攻めました。壁がいい具合に邪魔してたし、相手の超射程の動きが甘かったので。
ただ、引くことによって回復しているのがわかると思います。
相手も顔を出しますので、うまくつかいわけるといいです。

2:壁に隠れること

壁に隠れるのも大事なのですが、要は「壁をどう使うか?」ということになります。
壁というのは、いわば自分の間合いに相手を入れるための方法です。
近づけさせるということですね。
壁を挟むということは超射程の武器でも、強制的に間合いが狭くなります。
それは、遮断されるからです。
また、奇襲や潜伏を使うときも壁を利用するのは有効です。
壁に隠れることや利用をすることが重要となりますので、意識して見てください。


※手抜き感はんぱないw
こんな感じで、射程を埋めることができますので、壁を使うというのが重要です。
ただし、壁ならなんでも良くはありません。
また、挟み撃ちに合わないように、別方向もちゃんとみておきましょう。

3:スライドを多用すること

スライドの使い方として、スライドの方向というのはとても重要です。
横に往復したり、前に2回スライドしたりと様々ですが、実はスライドであまりしてはいけない動きがあります。
それは、「正面に2回スライド」することです。
まずスライド中に当たり判定があります。ということは進みながらもダメージが入るということです。スライドしながら相手に当たりに行っているだけということになります。
斜め前も若干アウトです。進んでるのには変わりないですからね。

4:ジャンプも混ぜること

攻撃の手段としてですが、マニュ系と対面した時にスライドを使うという固定概念があります。それを利用した対面の方法になります。
スライドだけではなくジャンプを入れるとあいては、エイムの動きがオボつきません。
そうなると撹乱の成功になりますので、キルできる確率が上がります。
ですが、確率が上がるだけですので、そこまで使いすぎるのもダメです。

5:味方を囮にすること


今回は、ホコを使った囮作戦です。
ホコを追いかけてくる敵を始末する動きになります。
これは、ほかのルールでも言えることですが、何かに視線を集めるというのは、一種の視界を奪う方法になります。
これを知っていると、相手をうまくキルすることができますので、うまく使っていきましょう。
決まると一気にカウントが進めれます。

6:まとめ

対面の対応を開設しました。
対面時では、基本逃げるの一択です。もちろん、引いてはいけない場面がありますが、基本は生き延びることが優先です。
そのほかの方法は、相手をせき止める方法になりますので、うまく活用をして行って見てください。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました