【スプラトゥーン2】スパッタリー漫談(デス後の対応編)

スパッタリー漫談

スパッタリー好きの皆さんどうも!

今回は、「デス後の対応編」について話をしていきたいと思います。
スパッタリーは、無印・ヒューのどちらともスペシャル以外での高いは正直厳しいです。
だって、サブがサポート寄り過ぎるんですから、、、。

となると、基本デスをしない立ち回りがいいのですが、それは土台無理なゲームですので、デス後の対応をいくつか考えてみたいと思います。
せっかくなので、スパッタリー2種それぞれで考えてみましょう。

1:赤スパ編

赤スパはデスした後というより、デスしてもいい状況を作るのが重要な気がしますね。そのためのビーコンだと思います。もちろん、そのほかにも重要なポイントはありますよ。
では、それぞれ説明します。

■ビーコンに飛んで守りを固める


動画のようにですが、ビーコンに飛んでいくのがいいです。特に自分で設置した場合、ビーコンの使い方や敵の見方を把握していますよね。その場所のビーコンに飛んでいき、足場を固めることをお勧めします。
ただし、この状況の時は、まだ劣勢時に追い込まれてない時ですね。


また、この動画に関しては、ビーコンが壁裏にあるというのがわかっての行動です。
対面力は試されますが、うまく盤面を返せたシーンです。
ですが、これは劣勢時の状況での対応です。スパッタリーでスペシャルを溜めれない、または味方が溶けやすいといった時に、一か八かで試すところです。あ、ガチマッチじゃしたらダメですよ。もっと安全にしたほうがよりいいです。

■とりあえず、塗って待ち構える


スパッタリーは相手のところへ行くのはとても不利な武器です。
そのため、塗りをして相手を誘い出すのがとても有効です。ついでに、ビーコン置けると良かったなと改めて思いますね。

■スペシャルで足場と敵のあぶり出しをする


スペシャルを溜めることは、打開時の鉄則です。
使いどころによっって優勢に変える力を持っています。だからスペシャルなんだけどね。
また、スペシャルを溜めた時に使うタイミングも重要になります。
今回は、相手のスペを2回吐いた後に使っているのでうまく足場を返すことができています。このタイミングが重要なわけです。
失敗するといくらボムピでも無意味ですからね。

2:青スパ編

青スパの場合、毒ガスでのあぶり出しかスペシャルの使い方になります。
また、潜伏がうまく使えないと正直辛いですね。青スパでXまで持って行きましたが、この潜伏が勝敗を分けたなと思っています。では青スパの解説いきましょう。

■塗ってスペシャルを溜めること


青スパに関してですが、デスした時は足場の塗りと、スペシャルを溜めることが優先になります。スペシャルをどれだけはけるかと言ってもいいくらいです。
また、雨降は相手を一瞬でキルできるわけではないのでどちらかというと相手を退かせるために使用するといったイメージですね。

■前線に戻りたいなら、前線よりも一歩手前に飛ぶ


前線に戻る時は、一歩手前に飛ぶようにしましょう。
ステジャンなど積んでいたら別ですが、飛ぶ場所が重要です。
できれば足元が塗れており、さらに、味方が二人近くいる方がいいです。
また、復帰した瞬間飛ぶというよりも1呼吸して場所を選んだ方が比較的安全です。
足場が濡れていればその分スリップダメージも入らないのでリスクを減らせますしね。

4:まとめ

赤スパと青スパで話をしましたが、そこまで多くはありません。どちらともサブが難しいので、スペシャルをうまく使えるのかが鍵です。
またどちらを使うかで、ギアの組み合わせが変わります。
復帰の仕方に合わせてギアを組み合わせましょう。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました