【スプラトゥーン2】スパッタリー漫談(スライド編)

スパッタリー漫談

シュッシュシュ、シュシュシュシュシュシュ!(さ、今回はスパッタリー漫談だ!)
シュ!シューシュシュシュ(そのなかっでもスライドの話をしたいと思う)
・・・。
疲れた。では、スパッタリーのお話をしていきたいと思います。
スパッタリーの特徴は、機動性です。
その機動性の中でもスライドの速さは、マニュの中でも群を抜いて早いです。
そんなスライドのことについて今回は魅力をたっぷり話したいと思います。

1:スライドの距離がちょうどいい

まずは、こちらをどうぞ!

■全マニュ、スライド距離について


スパッタリーについてですが、見ての通り一番短いです。
ですが、個人的にはこの距離感がスライドの最適な距離と感じています。
理由は、マト付近のインク位置です。
もちろん距離として遠い方がいいのですが、その分間合いの詰め方が難しくなります。
さほど関係なさそうに見えますが、実は関係あります。スライドうちに関しては、できるだけ相手を正面に構える必要があります。ということは、スライドの位置によって内向きに向ける必要があるわけです。
これがなぜ悪いのか?スライドをする時についてですが、基本自分を中心に外側に対して少なからずスライドを行います。ということは、一度スティックを外側に倒しているわけですね。人間の体の構造上、その状態で内側に向けるのは結構しんどいです。
そういったことを考えると、スライドをあまり滑らさすぎず、刻み込んで詰めれるスパッタリーのスライドは優秀と感じます。

2:スライドを使ったステップがかっこいい

スパッタリーに限った話ではないですが、スライドを使った切るというのはとてもかっこいいです。アクロバティックな攻撃もできます。その中でも好きなものを3つ紹介したいと思います。

■背後を取られても相手の背後に回れる


他のマニュでも言えますが、スパッタリーはスライド時のキル速が優秀です。
また、小刻みに動くので相手の真後ろに動けます。ということは、ゼロ距離で相手の背後にから打てるということですね。

■壁を使ったスライドで優勢に持ち込む


これは、逃げながらになりますが、やられるのを覚悟で行うスライドうちです。
正直相手の位置を把握していないとできないですが、マニュ使いなら是非覚えておいてください。

■壁ごしの奇襲


壁裏に潜伏している際に使用します。一見不利な状況ですが、一瞬で間合を詰めれば相手を仕留めることに成功します。

3:まとめ

いかがでしたでしょうか?
いや〜〜〜〜〜〜、スパッタリーの話をするのは楽しい!
といっても、スライド寄りの話なので、全マニュにも言えることですが、やはり距離感が重要な気がします。
距離が長ければいいというものでもないので、いかに使い切るか大事ですね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました