【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(海女美編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

「ジャンプビーコン研究会第五弾」です。

では、今回のステージは「海女美術大学」になります。
ガチマッチでは、中央の高台をどう使うかがカギとなります。
また、中央に降りると相手から丸見えのため、潜伏をうまく使わないとすぐキルされてしまいます。
ビーコンでどのように味方に裏取りをさせるか?それが重要になるかと思います。
では、初見の方もいると思いますので、考え方の説明です。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色は合わせている
3:劣勢ラインは基本、防衛のためのラインとして考える(逃げジャン用)
4:各ルールに介入することを優先として考えています。
5:設置場所候補は最低限で表示(覚えるのが困難になるため)

となります。あくまでルール介入が軸として考えます。
また、前線ラインにより設置場所を変えておりますが、必ず満遍なくおく必要はありませんので、あくまで候補としてみていただけるといいかと思います。
もちろん、それぞれのスタイルがありますので、いいところだけ見ていってくださいね。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

 ガチエリア
■前線ライン(優勢)
優勢時の設置場所を書いていますが、ほとんど使うことがないものが多いです。強いて使うとすれば、左側の高台前です。
では、なぜ設置をあまりしないのか?
それれは、敵の復帰位置から近すぎるためです。
復帰位置が近いということは、マップの確認を復帰時にします。そうなるとビーコンに気づきますので、破壊しに来ます。そうなると、乱戦しながらビーコンの管理もするとなるととても厳しいので、置くことはあまり得策でないと考えます。
ただし、囮と使うのはアリですよ。

■前線ライン(均衡)
左右の展開も大事なのですが、個人的には、エリアの場合正面高台の手前と、敵高台下に置くのが好きです。
理由としては、相手がマップを見てない限り気づきにくい場所のためです。
まあた、破壊する時に、相手は視界を壁に塞がれます。その視界を奪うのもビーコンの囮として優れたところですので、こちらに置くようにしています。
また、ここを放置するとどんどん見方が復帰してきますので、オススメと思っています。

■前線ライン(劣勢)
海女美の劣勢ラインについては、おまけ程度になります。
通り道程度にちょっと植えていく程度で大丈夫です。
理由は、エリア戦の時は、自軍高台から真ん中の塗り合いになることが多いです。そうなった時、このビーコンは使う機会はあるのでしょうか?
前線から戻る時に使用するならわかりますが、優先度としては低めなのかと思います。

2:ガチホコ

 ガチホコ
■前線ライン(優勢)
まず優勢ラインについてですが、相手のリスキルを狙う場合の配置になります。
なので、うまいこと相手の数を減らした時にやっと置けるといった感じになります。
そのため、置くことができれば相手がマップを見ない限りバレない位置となります。
ですが、この場合はホコ運びの終盤となるため、自分がホコを持つ前に設置するくらいの感覚がいいのではと思います。

■前線ライン(均衡)
エリアとは違い真ん中に高台がないので、両サイドの展開に設置するのが有効です。
できれば、左に2つと、右に1つ程度です。
なぜ左を2つかというと、ホコルートが基本左からの行動となるためです。
なので、できるだけ、ルートの後ろあたりから復帰して援護してもらえるのが理想となりますので、左側中心に置くといいです。
左側の赤を起点に、オレンジも配置できるとベストです。
ちなみに、正面に置かない理由は敵が高台を降りてホコの邪魔をする時に視界に入ってしまうためです。
マップを見るまでもなく確認ができるため、壊される可能性が高いわけです。

■前線ライン(劣勢)
海女美の場合は、一方通行なマップなため、あまり置く意味がない場所になります。
なので青に関しては、必ず置かないといけないということはなく、余裕があれば億程度でいいと思います。
ただし、超射程が1人いたらおいとくように僕はしています。
理由としては、超射程武器は基本移動速度アップを積んでいない可能性があります。むしろスパジャン短縮を付けてる方の方が多い気がします。
速やかに引かせつつ、攻撃の配置に連れていくことを考えると、編成によってはありなのかなと思います。

3:ガチヤグラ

ヤグラの移動に合わせて設置指定します。
 ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
ホコと同じで、最後に押し込む際に設置する程度の場所になります。
ヤグラの場合、高さがある分、高台から攻撃がしやすい位置に移動をしていきます。
そのため、相手から集中砲火を浴びるので、まずビーコンを置く前に相手を潰す必要があるわけです。そう考えると配置を優先的に考える時よりも余裕がある時に配置という方がしっくりくるわけです。

■前線ライン(均衡)
こちらもホコと同じで左2右1なのですが、個人的には、敵高台右のスロープの位置に置いておくのが便利です。
理由は、ヤグラの進み方から左に目が集中者水環境にあります。
その際、右側を背にしていることが敵が多いため、裏どりを兼ねてスロープ近くに置いたビーコンから段差を登って挟み撃ちにするのが得策です。
ここでは、正面高台前に段差があって侵入できるというのがポイントです。
ここをうまく使ってもらうために、右側のビーコンを意識すると見方が裏を取る動きをしやすくなります。

■前線ライン(劣勢)
やはり、ヤグラでも微妙な位置になるビーコンですね。
特に青い部分はついで感が否めない配置になりました。
理由としては、相手から壊しやすいことと、飛ぶにしてもメリットがなさすぎるということ。強いて使うならホコの時と同じで、編成次第といったイメージです。
正直ハイドラ使う時ならあるといいなと思いますが、他の武器を使う時は微妙といった感想です。

4:ガチアサリ

 ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
アサリの際は、最低1つは維持したいなと個人的に思います。
理由としては、ガチアサリを効率よく運ぶためです。
といっても海女美は、他のマップより乱戦が多く、アサリをすぐいれれる配置になっています。
また、敵のリスポン地点からも近いため、長くいれ続けるのが難しいと思います。
そこで、短期決戦をするためにビーコンで味方を連れてくるのが大事になるわけです。
また、索敵としても使えるため、前線におけるのであれば置いておきたいところですね。
ちなみによく壊されるのであれば、注意が散漫になっている証拠なので、ビーコンを囮にキルしていきましょう!

■前線ライン(均衡)
両サイドに展開するのがいいと思います。特に右側のスロープ部分は挟み撃ちにうってつけですので、設置をし続けたい場所と思っています。
また、アサリだけ集めて反対側に飛ぶ!ということもできると効率よくアサリを集めれますので、左右に展開し、どこからシュートが来るかわからない状況を作っておくといいと思います。

■前線ライン(劣勢)
アサリの場合は、1つ置いておきましょう!防衛用です。
他のルールの時にも話しましたが、マップが狭く、展開が早い地形です。
ですが、リスポンからゴールまではちょっと距離がある、、、。
となった時に、最低1つのビーコンがあると近場に飛ぶことができます。
出来るだけ、リスクを減らし、守ることを考えるとアサリの時は1つゴール付近に置くのが大事になるかとお思います。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の海女美術大学は、ガチマッチのエリア以外は、マップの変化が少ない感じになります。そのため、ビーコンの位置さえ押さえてしまえば運用が簡単なのかなと思っています。
何より、高台にいる敵の位置がわかると攻め方も決めれるのでありがたいというのが正直なところです。
個人的には飛ぶより、索敵で使うイメージですねw

各マップのビーコン設置場所をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
ビーコン設置場所(総集編)>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました