【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(フジツボ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

今回は、スパッタリーのお供になる「ジャンプビーコン研究会」をシリーズとしてやっていきたいと思います。

以前は、ビーコンの使い方を記載しただけだったのですが、個人の見解もとのご意見をいただきましたので、未熟ながら掲載させたいただきます。
また、掲載については下記のルールに沿って考えています。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色を合わせる
3:劣勢時は基本、防衛のためのラインとして考える

となります。ガチマは流動的ですので、前線ラインによって配置を意識した考え方になります。もちろん効果の高い場所の数値かも考えたのですが、臨機応変が重要だと思いますので、この掲載法でいきます。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

フジツボ ガチエリア
■前線ライン(優勢)
優勢時は基本的に、相手を待ち伏せしたり裏をとるためと考えています。
マップの赤い部分になりますが、相手の侵入してくるところや死角になりそうなところに置いています。ただし、エリアの時はここを多用するのは厳禁です。
エリアは塗り返されると、返すことが難しいルールです。
人数有利を常に作らなければいけなくなりますので、あくまで相手の背後をつくときに使用するほうがいいです。

■前線ライン(均衡)
均衡時の場合は、高低差を利用した配置にしておきます。
また、この配置にした理由はマップを見たときに相手がギリ索敵できる範囲になります。
飛んだ瞬間的に攻撃されにくくかつ、裏を取れる配置して今回設置しています。
ただし、すぐに移動してしまうと潰されますので、気をつけて飛びましょう!

■前線ライン(劣勢)
前線から逃げるようのビーコン配置になります。
基本的にはこのラインというのは守りの状態なので、正直ビーコンを使う必要がありません。じゃあいつ使用するのか?それは前線から戻るようです。
前線から戻りつつ、さらに相手の様子を見れる位置として設置しています。
特に右側のオレンジと被っている位置というのは、相手が侵入してくるのが見える位置です。ビーコンで飛びつつ、潜伏から相手を抑えるにはうってつけの場所となります。

2:ガチホコ

ルートが2箇所あるため両方から挟み撃ちができるように意識して配置することを考えました。
フジツボ ガチホコ
■前線ライン(優勢)
優勢時というのは、できるだけ味方が被弾しないようにすることと、敵が焦って壊しにくることを意識して配置しています。
特に右上の赤丸については、相手が焦っている時ほど見落としがちなので、味方の復帰だけでなく、潜伏としても有効かと思います。
また、反対側の段差にも置いていますが、左ぜめを一回した時にしれっと置いとくと戦略が広がるかと思います。

■前線ライン(均衡)
ホコショットの影響を受けにくく、かつ待ち伏せがしやすい場所にしています。
基本的にホコショットの爆発に巻き込まれないように壁裏に設置するのがベストです。
また、飛んできた仲間をデスさせないためにも壁裏で資格になりやすい部分に置くのが大事です。
左側に2つと右側に1つ設置しておき、守りと裏どりを行えるように設置しておくと良いです。

■前線ライン(劣勢)
ホコで大事になるのは、人数不利による相手のホコ進めの時です。
フジツボは高低差が激しくかつ、移動先が狭いことが多く相手に返り討ちに遭いやすいです。
そのためにもこの青い部分というのはかなり大事になってきます。
特に左下奥には一個は置いておきたいところです。
劣勢時には青に1個、オレンジに2個といった感じで置いておくと良いかと思います。

3:ガチヤグラ

ヤグラの移動に合わせて設置指定します。
フジツボ ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
ガチヤグラの前線ラインは、ヤグラの位置で決まります。
ただし、フジツボは高低差がある分ヤグラの前線を上げづらい場所でもありますので、他のルール同様に前線をあげるような立ち回りがいいと思います。
特に抑え込む場合は、赤丸の部分は1個は押さえておきたいでです。
個人的には右奥にしれっと置いといて、塗りが甘そうであれば、そこからスペシャルなどを使って追い込むといった戦略もいいかと思います。
ちなみに左側は相手が侵入を指摘やすい場所なので、乱戦になりやすく危険です。
敵のマーキング程度に使うのが良いかと思います。

■前線ライン(均衡)
オレンジ色の部分になりますが、左に2個、右に1こというバランスがいいかと思います。
理由は、左側の通路を通ってヤグラは動きますので、相手は自然と左に集まります。そういった時に左側の復帰を早めることは重要となるからです。
また、右側に1つをおく理由は、乱戦時に裏どりをしてもらうためになります。
視界が悪い通路ですので後ろから抑え込むことができればとても有利になります。

■前線ライン(劣勢)
左下2つか、右下2つを置いておくように意識するといいと思います。
この2つは基本通り道に置いています。
また、この通り道で止めれない場合は、カウントが進むのが確定してしまいます。
それを迎え撃つ場所として、この3箇所は最低押さえておきたい箇所となります。
特に、左2つ(ゴール前と金網前)は守れなければ負けがほぼ確定しますので、劣勢時は気をつけておきましょう。

4:ガチアサリ

フジツボ ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
アサリでの前線ラインは、相手をキルするためではなく、シュートを決める目的での配置にしています。理由は、アサリを持つと相手にバレる位置なので、待ち伏せするよりもシュートを決めることに特化して考えています。
特に、カウンターアサリがある時は、ゴール下に置いておき、味方に敵をかせること。
乱戦しているようであれば、左右の赤丸に飛び裏を取ってシュートを決めるのがいいです。

■前線ライン(均衡)
オレンジ部分は、防衛と味方の復帰待ちを意識しての配置です。
基本アサリを集めるという行動がありますので、この位置にとんでもあまり良くはありません。
なので、アサリを集めている仲間を守ることと、相手のアサリをキルして落とすことに注力したビーコンの置き方になります。
ですが、比較的近くにアサリが復活しますので、ちょっとずつ集めるのもありです。

■前線ライン(劣勢)
これは、いわゆる防衛ラインです。
相手が1ガチアサリを持っている時に、一旦引くことを考えたラインになります。
ガチアサリは、ホコと同じで、効率さえ良ければすぐに逆転できます。
それは、80カウント差でもです。
それを防ぐために、相手が1ガチアサリを持った時に一旦引いて待ち構えるのにいい場所となります。
ですが、アサリバリア前のビーコンは金網を渡ってくる前に倒さないと危険ですので、ここに飛ぶ時は気をつけましょう。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
ちょっとビーコンについてガチで考えてみました。
ビーコンの使い方は前線ラインを意識した配置が重要だと思っています。
いやー、本当に難しい。
ビーコンは配置によって無駄にもなりますし、逆に返り討ちにあうのでとても難しいです。
また、1個ではなく、3つ常に置いた状態にするのが肝となりますので、使う方は前線ラインを考えてみてくださいね。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました