【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(ハコフグ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

「ジャンプビーコン研究会第十四弾」です。
では、今回のステージは「ハコフグ倉庫」になります。
直線的なマップになっていますが、中央の膨らみが特徴ですよね。
また、ガチマッチでは、侵入経路が増えるため、防衛をしっかりできていないとすぐに逆転されるマップです。
ですが、超射程がいると本当辛いマップですよね。
ただし、ビーコンを使うと相手の侵入経路だけでなく裏どりもできますのでうまく使っていきましょう。

ではその前に、初見の方もいると思いますので、考え方の説明です。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色は合わせている
3:劣勢ラインは基本、防衛のためのラインとして考える(逃げジャン用)
4:各ルールに介入することを優先として考えています。
5:設置場所候補は最低限で表示(覚えるのが困難になるため)

となります。あくまでルール介入が軸として考えます。
また、前線ラインにより設置場所を変えておりますが、必ず満遍なくおく必要はありませんので、あくまで候補としてみていただけるといいかと思います。
もちろん、それぞれのスタイルがありますので、いいところだけ見ていってくださいね。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

 ガチエリア
■前線ライン(優勢)
赤丸に関しては、無理に置く必要はありません。理由は、人数不利になった際のカウンターがきついからです。
正直ガチエリアでは前線を貼るよりも中央で待ち構えつつ、マップを塗るだけで勝てます。
塗り尽くすためには、中央の高台を超えて相手側まで塗らないといけないからです。
そのため、前線ラインが高くてもオレンジの部分において警戒をしておきましょう。

■前線ライン(均衡)
ビーコンを左右に展開することと、右側をメインに置くことをお勧めします。
理由は、右側を相手に占領されると打開するのが難しくなるためです。
ハコフグは自陣から見て右側のルートを取られると本当に厄介なマップです。
なので、塗り管理と合わせて、ビーコンの設置をするような立ち回りをするといいと思います。

■前線ライン(劣勢)
このラインの時はできるだけスペシャルをためて打開することをお勧めします。
前線におけにいけませんしね。
青丸の部分については相手の潜伏の確認に使う程度でいいと思います。
引き過ぎてしまうとこのマップはすぐ逆転されてしまうのでね。

2:ガチホコ

 ガチホコ
■前線ライン(優勢)
優勢時には相手のキルが優先ですが、ビーコンが有効な位置は右側の高台裏になります。
こちらは劣勢時の相手からすると破壊するには面倒な場所です。
結構無視されることが多いですが、味方があの位置に復帰するだけで全然戦況が変わります。
もしおけるチャンスがあれば置くぐらいの感覚で行けるといいと思います。

■前線ライン(均衡)
左右から中央に向けておくようにしましょう。
特に右側の敵陣に進入できる高台の裏におけるのが一番いいです。
索敵もですが、相手が破壊するには、面倒な場所です。
金網なので下を向けばいいですが、その間視界を奪えますので、キルすることもできます。
囮向きですね。ですが飛ぶ位置としても有効なのでブラスターの仲間がいる時は率先しておいていきましょう。

■前線ライン(劣勢)
劣勢時は、ホコワリを優先することと、塗りになります。
相手を待ち構えるには青丸に飛ぶのはいいと思いますが、相手の侵入に気づくためのビーコンとしても有効です。
青丸のビーコンが破壊されているとなると敵の侵入されたのがわかりますので、マップを細かく見るビーコン使いなら使い勝手が良さそうですね。
ただし、そこまで使わないかな〜といった印象です。

3:ガチヤグラ

 ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
ヤグラでも赤丸の右側ですね。敵陣近くの高台前です。
ここに関しては、ヤグラのゴール前になります。
ヤグラに乗っていれば相手視線と同じ位置になりますが、基本見下ろされます。
そうなるとあの位置で少しでも味方に敵を退かせてもらえるとカウントを進めれれるので、ヤグラを使ってうまく移動し、ビーコンを植えていきましょう。ただし、優勢時にです。

■前線ライン(均衡)
ほかのルールと同様、左右への展開が基本です。
ただし、ヤグラに乗っているのか、乗られているのかで位置が変わります。
乗っている場合は敵陣寄りの壁裏でいいのですが、乗られている場合は、青丸を意識して配置する方がいいです。
理由はヤグラの動き方と敵の動きですね。ヤグラが進んでいる時は基本中央より手前か奥にある状態です。
乗られている時は特に攻防が激しくなり、攻撃もしにくくなります。
ブラスターなどがいれば別ですが、キル力が試されますので、常に復帰が有利になる位置においていきしょう。

■前線ライン(劣勢)
劣勢時については、ビーコンは置かずに敵を処理しましょう。
青丸の使い方ですが、基本的には相手がヤグラに乗られた時に1個は奥感覚でいいと思います。
ヤグラは正面からルートを抑えるの基本です。
その場合、ハコフグでは最適な場所に戻るのが重要です。
戻り過ぎてもカウントが進むので、ラインを意識して設置していきましょう。

4:ガチアサリ

 ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
赤丸部分は、特に意識しなくてもいいですが、おける時に置くくらいにしましょう。
リスキルをするときと、ガチアサリをでシュートを決めた後ぐらいになるかと思います。
ただし、この位置にビーコン確保できて、人数有利の時はガンガン攻めていきましょう。
■前線ライン(均衡)
アサリを集めるのがとても大変な印象があります。
できれば左右に設置したいところですね。また、敵の潜伏を知るのに重要となりますのでアサリ集めだけでなく索敵としても置いていきましょう。

■前線ライン(劣勢)
前線で人数不利になった時ようですね。防衛用にも使いますが、戻るというよりもビーコンで索敵をするのが大事ですね。
ビーコンの設置が他になければ、置いておくぐらいでいきましょう。

5:まとめ

ここのマップは右側の敵陣寄りの侵入経路に設置するのが強いイメージがあります。
索敵もできますし、右側を守る意味でもいいですよね。
ただし、塗りが弱いとビーコンが全く役に立たなくなるイメージです。
使えなくなる前に塗りをして植えていきましょう。

各マップのビーコン設置場所をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
ビーコン設置場所(総集編)>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました