【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(デボン編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

「ジャンプビーコン研究会第十五弾」です。
では、今回のステージは「デボン海洋博物館」になります。
マップの特徴としては、屋根の上を伝って相手の陣地に行けることですね。
また、屋根の形がルールごとに変わりますので、戦略が大きく変わります。
武器の特徴を最大限生かさないとかなり厳しいマップです。
ですが、ビーコンが置けた時はとても恩恵を受けれるマップではありますのでタイミングと場所を覚えていきましょう。

ではその前に、初見の方もいると思いますので、考え方の説明です。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色は合わせている
3:劣勢ラインは基本、防衛のためのラインとして考える(逃げジャン用)
4:各ルールに介入することを優先として考えています。
5:設置場所候補は最低限で表示(覚えるのが困難になるため)

となります。あくまでルール介入が軸として考えます。
また、前線ラインにより設置場所を変えておりますが、必ず満遍なくおく必要はありませんので、あくまで候補としてみていただけるといいかと思います。
もちろん、それぞれのスタイルがありますので、いいところだけ見ていってくださいね。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

 ガチエリア
■前線ライン(優勢)
エリアの際は、赤丸において、味方の復帰ではなく自分の復帰用として使うのがいいと思っています。理由は、高台にいる敵をうまく排除するためです。
正直塗りの強い武器やチャー・ブラスターが上を陣取った場合、とてもやっかいです。
さらに近づくのも難しいため、ビーコンをうまく設置し相手の注意を引かせたり裏どりのきっかけを作っていきましょう。

■前線ライン(均衡)
オレンジの位置については重要となります。
デボンは高低差があるため、まっすぐ進むだけのマップと違い、移動に時間がかかります。
そのため、一見近く見える場所でもビーコンを設置し飛んでいくことをお勧めします。
あとは、上に登り直すのって結構大変なんですよね。

■前線ライン(劣勢)
劣勢時においては、青色は有効だと思います。
また、前線での人数不利になった際にリスポンするよりもビーコンに飛んだほうが早いです。少しでもリスクを減らすために、前線ラインを意識してビーコンを植え続けましょう。

2:ガチホコ

 ガチホコ
■前線ライン(優勢)
ガチホコの場合は、ホコ持に合わせてビーコンを置くようにしてください。
できれば、前ではなく後ろにです。また、赤丸の部分に置けた際はかなり強いです。
ちょうどいいビーコン動画が撮れましたので載せますね。


正直、この位置は、敵のです状況によってはかなり有利です。
この方もタイミングを見ておいてますし、わざわざカモンをして注意をしてくれました。素晴らしいですよね。

■前線ライン(均衡)
オレンジについても同様にビーコンの位置に気をつけてください。また、屋根上には1つは必ず置くようにしておきましょう。
理由は、相手の裏どりや鉾を運ばれている時に素早く戻るためです。
また、上からの奇襲は有効ですのでそう行った意味でも設置は意識していきましょう。

■前線ライン(劣勢)
青丸については、保険として設置してください。特に索敵用と行ったところです。
ここまで近いと正直一気に終わる位置ですので、ビーコンを置くよりも敵に目を向けたほうがいいと思っています。

3:ガチヤグラ

 ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
赤丸部分、特に自陣寄りの左側は重要だとおもます。
できれば、高台を制圧してからのビーコンが置けると結構強いです。
理由は、ヤグラの際は相手が上からうちおろせる状況になります。それを打開するには、裏どりをするか高台を制圧するかの2つです。
さらに高台を過ぎてからも相手と対面距離が近い状況なのでこの位置を制圧し、一気に畳み掛ける必要があります。

■前線ライン(均衡)
均衡時は、右側を中心に置くことがいいと思います。
また、高台に置くことです。デボンでは、高台が取れることが重要です。
逆に高台を制圧されると逆転が厳しくなるためここは死守するくらいの気持ちでいきましょう。
ということは、ビーコンも維持しないといけないということです。

■前線ライン(劣勢)
離脱ポイントとして設置するくらいかと思います。
あとは索敵用になるくらいですね。
飛んでいくというのも大事ですが、ここでは、ヤグラを守りきるのが重要です。
あくまでルール関与がいちばんですからね。
あとは、裏どり狙いの相手をやっつける時くらいに使うくらいですね。

4:ガチアサリ

 ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
アサリの場合屋根上にビーコンをおけるといいと思います。理由はそのままシュートできるからです。幸いにも投げることによって届く距離なので、ひたすら入れ続けれるポイントになります。
また、屋根上を確保するには、自陣から向かわないといけないため、ポジどりができると強いです。
■前線ライン(均衡)
アサリを集めることと、防衛するために侵入経路を意識して左右に展開しましょう。
優勢時に話しましたが、特に高台を取られると厄介です。
いかに未然に防げるかぎ重要となります。
■前線ライン(劣勢)
前線離脱時と防衛時に活用できると思います。
ですが、前線ラインがオレンジより手前だとあまり効果を発揮しにくいです。
青丸に飛ぶのであれば、前線に上がりながら待ち伏せするか、スペシャルを貯めるかと言った時ですね。

5:まとめ

今回はデボン海洋博物館でした。
ホコは結構好きなエリアなので、ビーコンがささるのとても楽しいです。
まと、参考動画も撮れたのでイメージがしやすいのかなと思います。

各マップのビーコン設置場所をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
ビーコン設置場所(総集編)>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました