【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(コンブ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

「ジャンプビーコン研究会第四弾」です。

では、今回のステージは「コンブトラック」になります。
ガンガゼ似たような構成のマップになっています。特徴としては、自軍より右側は相手陣地に侵入ができますが、左側は登ることができないこと。
また、波打ったステージのため、曲射などのエイム力が重要になるところです。
また、置き撃ちも重要になります。

【スプラトゥーン2】エイムについて(置き撃ち編)
みなさん、どうも( ´∀`)今回は、りくえすとがありましたエイムの置き撃ちについてお話をしていきたいと思います。置き撃ちは、適当に打っていては当たらないのはもちろんですが、使い所を抑えればとても有利な立ち回りのブキになりますので、知...

では、解説についての考え方についの説明です。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色は合わせている
3:劣勢ラインは基本、防衛のためのラインとして考える(逃げジャン用)
4:各ルールに介入することを優先として考えています。
5:設置場所候補は最低限で表示(覚えるのが困難になるため)

となります。あくまでルール介入が軸として考えます。
また、前線ラインにより設置場所を変えておりますが、必ず満遍なくおく必要はありませんので、あくまで候補としてみていただけるといいかと思います。
もちろん、それぞれのスタイルがありますので、いいところだけ見ていってくださいね。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

 ガチエリア
■前線ライン(優勢)
コンブトラックでは、エリアより先を確保することと、相手を近づけさせないのがポイントです。他のマップとは違い、積極的に前線に置いておくのが重要となります。
また、裏取りを狙われやすい、右側にちょっとでも配置できるとキュウリの場面を進めます。また、優先ラインからは、遠距離武器やスペシャルを投げて返しやすいのもあマップの特徴です。
なので、いかに前線を抑えることができるのかがエリアでの大事なところとなります。

■前線ライン(均衡)
左右に最低1個ずつ配置するのが重要となります。
基本的にビーコンを持っている武器は、移動がしやすい武器が多めです。となると、その場にとどまっているというよりも左右に動きながらビーコンを植えていくのだ大事になります。オレンジのあたりをぐるぐる回りながら相手がいないか巡回しながら動くことによって、ビーコンの枯渇とサポートに徹底することができます。
ちなみに、エリアのみ黒丸がついたところにバルーンが出現します。
この裏に置くことも隠すにはうってつけですので、エリアの特徴として覚えておいてくださいね。

■前線ライン(劣勢)
エリアで今回設置場所をつけていますが、あまり使用しません。
本当におまけで億程度かなという印象ですね。

2:ガチホコ

 ガチホコ
■前線ライン(優勢)
ラインとしては、超乱戦時の状態になります。そのため、相手を3人以上落としてから設置しないとあまり意味のないものになります。
ただし、挟み撃ちにしているときは別です。コンブトラックは挟み撃ちがしやすいマップです。そのため、ビーコンを1つでもおいておくと落ちた見方が復帰しやすくなりますので、場面に合わせておくことをお勧めします。

■前線ライン(均衡)
ホコで大事になる位置のビーコンになります。
正直、コンブトラックは、敵との乱戦が多く、ホコショットも飛んでくるため、ビーコンをいかに生存させつつ、的にバレない位置というのが重要になります。また、離れ過ぎてもダメです。そのため、最低両サイドに設置するのも重要ですが、相手が攻めてくる方向に+1個おくという感覚がいいのではと思います。
特に、相手からみて左側ですね。ホコを進める定石です。こちらの方が人数が少ないと、すぐに押し込まれて終わります。正直、押し込まれるとここは本当に返すのが辛い。
そのため、ビーコンをうまく活用し、復帰させないと相手の有利維持になりますので、設置場所を相手の配置に合わせて変えていってください。

■前線ライン(劣勢)
青色に関しては、前線の人数不利になった時に使用するビーコンになります。
理由は、劣勢時には近すぎるため、普通の移動と変わらないためです。
なので、コンブトラックでは、雲行きが怪しくなってきた時に、おいておくくらいの感覚で大丈夫です。

3:ガチヤグラ

ヤグラの移動に合わせて設置指定します。
 ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
自軍の櫓を進める時に最低1個は置いておきたいポイントと思っています。
理由は、相手が高台から攻撃をして櫓の邪魔ができるからです。
そのため、裏どりなどをして相手の攻撃を緩める必要があります。
そのため、誰かが邪魔をする動きをしてもらう必要があるので、最低限1つはで着れば置いておきたいところです。
できれば、右側におきたいところですね。

■前線ライン(均衡)
オレンジに関しては、ヤグラの奪い合いを制するためには人数有利の時間を多くする必要があります。そのため、オレンジには最低2つを維持するのが重要です。
見方が使ってくれればですが、ここで抑えられなければ、終わりと思ってもらってもいいくらいです。
特に自軍側の右側を抑えられるとやばいです。
ヤグラの進み方からすると、自分の右手に進んできます。ここで相手に場所を取られているとほぼ終わります。
そのためにもビーコンを索敵がわりにしながら相手の裏を取るように動く位置にビーコンを置く必要があります。

■前線ライン(劣勢)
青に関しては、超射程用の復帰位置になっています。
理由は、ここで待っていたら試合が終わるからです(笑)
ヤグラでは、前線ラインが劣勢から優勢までの距離が非常に短いです。
そのため、超射程武器は引き際と攻め側をうまくしないといけません。それを考えるとこの青い部分というのは短射程のためでなく、超射程のためのビーコンといった位置付けになります。

4:ガチアサリ

 ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
アサリの場合は、1個置ければいいかなという程度です。
特に向かって右側ですね。これは、相手が降りきっている時などは有効な位置になるので、予備としておいておくくらいでいいかと思います。
ですが、個人的には、自軍がガチアサリを2つ持ってて、敵も落としきっている時に使えるくらいかなという印象です。

■前線ライン(均衡)
こちらもほかのルールと一緒で、左右に展開する置き方がベストです。ただし、2つ必ず維持することが重要です。ガチアサリは、スパじゃんしてくれば一気に逆転することができるルールです。
そのため、相手の侵入を一切許さないようにするというのが重要になります。
なので、オレンジ部分に2つ設置できていないときは、ビーコンの設置よりも塗りを優先し、そのついでに設置しながら動いてください。

■前線ライン(劣勢)
コンブトラックの性質上(高低差が多く戻るのが大変)、1個は置いておきたいところです。理由としては、リスポンジャンプしてからの移動では、相手がアサリを入れきって逆転されてしまう危険があるからです。
そのため、1個はできれば置いておきたいと個人的には思っています。
ま、リスポンした時に場の流れを見て置いておこうぐらいでいいと思います。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回のコンブトラックは、ガチマッチのルールによる変化が少ないため、あまり変化のない内容となりました。ですが、高低差の多いマップになりますので、視野だけでなくマップからの情報も必要になります。なので、狭い・高低差があるマップでは、ビーコンを索敵が割りとして使用することをお勧めします。

各マップのビーコン設置場所をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
ビーコン設置場所(総集編)>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました