【スプラトゥーン2】ジャンプビーコン(オートロ編)

スプラトゥーンで考える。

みなさん、どうも( ´∀`)

「ジャンプビーコン研究会第二十一弾」です。
では、今回のステージは「ホテルニューオートロ」になります。
ホコではお得意のマップですので、特に好きなマップです。
また、ビーコンを効率よく設置しながら塗ることによってスペシャルがたまりやすい印象です。
ビーコンの設置で必須の部分などもありますので、攻め切るよりも人数有利を招いて、一気に叩きのめす事がとても重要なマップかと思います。

では解説の前に、初見の方もいると思いますので、考え方の説明です。
1:前線ラインによって位置を変える
2:前線ラインとビーコンの色は合わせている
3:劣勢ラインは基本、防衛のためのラインとして考える(逃げジャン用)
4:各ルールに介入することを優先として考えています。
5:設置場所候補は最低限で表示(覚えるのが困難になるため)

となります。あくまでルール介入が軸として考えます。
また、前線ラインにより設置場所を変えておりますが、必ず満遍なくおく必要はありませんので、あくまで候補としてみていただけるといいかと思います。
もちろん、それぞれのスタイルがありますので、いいところだけ見ていってくださいね。
では、早速やっていきましょう!

1:ガチエリア

 ガチエリア
■前線ライン(優勢)
左右の端っこにビーコンは設置していくといいです。
理由は、塗りの制圧と前線を無理やり上げる必要があることと、中央に集まった敵を後ろからキルするためです。
オートロは侵入経路が一応3つありますが、視界がひらけているためすぐ見つけられてしまいます。そのため、ビーコンなどで早く復帰をしたり、後ろを取る工夫をすることで有意義に立ち回れます。特に赤丸に設置すると相手は橋を渡る前に苦戦しますので、カウントも進める事ができます。

■前線ライン(均衡)
こちらもできれば左右に展開してください。
個人的には、確保エリア近くの壁裏がいいです。
理由は、相手の潜伏をマップで確認できることと、意外と気づかれにくいということです。
また、マップで確認できると侵入する経路を絞る事ができます。
相手の位置がわかれば裏どりもしやすくなりますので、意外と真ん中あたりにおいとくのはオススメです。
破壊されたらされたで、相手が集まっている事がわかりますしね。

■前線ライン(劣勢)
裏どり防止としておいておきましょう。
また、超射程が多いマップになりますので、ハイプレから逃げるようなどに設置しておくといいです。横から撃たれるとまとめてキルされるのでビーコンを使ってうまく戦場から離脱するといいですよ。また、青丸くらいの撤退ラインであればあいての裏どりを狙う起点にもできますので、余裕があればおくようにしていきましょう。

2:ガチホコ

 ガチホコ
■前線ライン(優勢)
ホコと橋を一緒に渡ったら、設置をしていきましょう。
オートロでは、橋を渡ったらノックアウトまで勝負です。前線を高い位置でいかに維持できるかが重要になります。ですが、スパジャンで味方の元に飛ぶにはあまりにも自殺行為ですので、ビーコンを複数おいて相手に処理が間に合わないようにしましょう。
ここから一気に決める事ができれば、守りを固めるの容易いマップですので、攻め切るためのビーコンが大事です。

■前線ライン(均衡)
右側から前線ラインを押し上げるようにビーコンを設置していきましょう。
また、ビーコン左右におけた場合、ホコのルートを2箇所得ることもできます。
そのため、相手は裏どりとホコを気にかけないといけなくなりますので、そういった場面を作るのにこの、オレンジは重要となります。

■前線ライン(劣勢)
ホコが前に進むまでは保険として設置をしていきましょう。
オートロはスパッタリーなどのように短射程には移動が不利なマップです。
また長射程もポジションが決められるため、移動が重要になります。
それを補うために、すこしでも防衛時に青丸に飛び、敵の攻撃に備える事が重要です。
そのため、青丸に保険としてビーコンを設置しスペシャルを溜め、チャンスを狙いましょう。

3:ガチヤグラ

 ガチヤグラ
■前線ライン(優勢)
関門2に入るときに赤丸を意識していくといいと思います。
もちろん、その前にもおいていいですが、オートロはプールの上を伝って移動するため、ヤグラの上にいることを保つのだ難しいマップです。
そのため、ヤグラよりも先に相手の陣地に突っ込む必要があります。なので、関門を突破してからプールを超えるあたりまでは、赤丸を意識して設置しておきましょう。
また、左からビーコンを設置していくと、ヤグラのルートに沿って敵からの攻撃を邪魔できますので、設置の仕方もポイントになります。

■前線ライン(均衡)
右側に1つ、左側に2つのバランスでおいていきましょう。
高台に相手がいる事が多いので、ビーコンを置いて囮と索敵として使用するといいです。
また、左側へは移動が困難なため、裏どりを狙うためにビーコンを設置して速やかな行動ができるようにしましょう。
また、関門突破する上で左側は確保しておかないといけないポジションですので、攻め切るためにも必要になってきます。

■前線ライン(劣勢)
相手がヤグラに乗っている場合は、早めに守る事が重要になりますので、ビーコンを設置し索敵に使いましょう。また、左側に置いとくのも大事です。
左側の青丸は、裏どりを防ぐためだけでなく、裏どりをし始める起点にもなります。
そのため、1つ置いておくと、攻守の切り替えがしやすくなりますので、設置できるときはしておきましょう。

4:ガチアサリ

 ガチアサリ
■前線ライン(優勢)
味方が1ガチアサリ持っているときは、赤丸に設置していると有利に進みますので、橋を渡ったら、積極的にビーコンを置いていきましょう。
特に左上側を確保できるといいです。
理由は、相手を待ち構える場所として最適なことと、相手よりもこちらが高い視点を持てるため全体を見渡せます。無理に置くことはしなくていいですが、置けるタイミングがあれば是非おきたいですね。
キャンシェルなどはパージして守れるのでとても有効なのかと思っています。

■前線ライン(均衡)
左右の展開を意識して設置していくといいと思います。
オートロはアサリの時は、左右からゴールを挟むようにルートが決まっています。
そのため、どちらから攻められても守れること、かつこちらも左右から攻撃できるようにしておくのが重要です。そのため、自分が攻撃の起点になあるようにビーコンの設置をしてお相手を混乱させましょう。

■前線ライン(劣勢)
防衛時の待ち伏せ場所として、青丸におくようにしておきましょう。
相手が1ガチアサリを作った時などに準備し始めるといいと思います。
そのため、右上にあるアサリ数の管理を怠らずに、9以上になったらビーコンを設置しておくと万が一に備える事ができます。また、シュートが難しいマップではありますので、相手のインク塗り状況に合わせてビーコンを置いておくと守りがさらに硬くなります。

5:まとめ

今回はホテルニューオートロでした。
スパッタリーには結構厳しめのマップですが、ビーコンを使うことによって、攻撃の起点になる事ができます。
個人的には、好きなマップでビーコンで相手を翻弄できた時は本当に楽しいですね。
また、キューバんボムラッシュによって塗りも一瞬制圧できますので、スペとサブをうまく使ってマップを管理できればいい動きになります。

各マップのビーコン設置場所をご覧になりたい方はこちらへどうぞ
ビーコン設置場所(総集編)>>>

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました