【スプラトゥーン2】カーリングボムについて

サブウェポンまとめ

みなさん、どうも( ´∀`)

今回のサブウェポンでご紹介したのは、「カーリングボム」です。
移動手段としてはとても重宝するボムですね。また、囮としても活躍するボムです。
僕の中ではあまり使うことがないボムの1つですが、正直ホコ戦の時には味方にいると心強いボムだと思っています。
では、早速解説していきましょう!

1:カーリングボムの基本について

カーリングボムを使うと下記の行動がおこります。
1:地面をすべりながら、カーリングのように進む
2:溜めることで飛距離と爆発範囲を変えれる
3:爆発ダメージは150、当たった場合は20ダメージ。
4:滑らして使うことしかできない。

■通常の使い方の場合

カーリングボムは滑って進むことから自キャラクターの機動力を上げることができるボムになります。
移動手段としても使えますし、壁に当てることで相手を撹乱することにも適しています。
相手の距離に合わせて溜め方をコントロールできればとても使い勝手のいいボムに変わります。

2:着弾する場所の影響は?

では、定番になりつつある金網の実験をしていきましょう。

■金網のうえから当てた場合


金網の上を滑っているときは、直接ダメージが入っています。
ですが、カーリングボムは溜め投げによって爆風の範囲が変わることから、全く金網下にダメージを与えることができません。

■金網の下から爆発させた場合


金網の上にいるマトに対しては、0ダメージになります。。
このことから、カーリングボムは上下の敵に対して使うというよりも、足元を塗りながら一緒に攻めていく相棒のような扱いができしていると思います。
相手を撹乱させるのがいちばんの目的かもしれないですね。

3:ギアでの差について

■サブ効果アップ3.5を積んだ場合


この場合は、8目盛り分進みます。ですが、実は通常とあまり大差がない状態ですので、あまり効果を上げる必要性があるのか不思議な感じがします。

■サブ効率3.7を積んでいない場合


こちらの場合は、6.5目盛り分ぐらいになります。
目盛り1.5ぐらいだど、滑って塗っていくことを考えるとサブ効果アップをつけなくてもこのくらいの距離感で十分な感じがしますね。
ただし、ガチホコなどは、この1.5が重要となりますので、使用用途次第では使い分けが必要なのかもしれないですね。

4:カーリングボムの参考例をどうぞ

では、カーリングボムを投げて投げて投げまくって検証してみましたので、その実戦での結果をどうぞ!

■跳ね返りを予測して相手を攻撃する


カーリングボムの魅力は壁を跳ね返ることです。
こと特徴をいかし、相手をボムで挟む戦術になります。
ただし、場所が限定されるため使い所が少ないですが、押さえておく戦略としてはいいのではと思います。

■高いところでもサッと添えて投げる


これは侵入しにくいところなどで使える使い方です。
ただし、キャラコンがとても要求されます。
アジフライの敵陣高台でもこれができるので扱い方によっては、普通のボムよりも厄介に感じます。

■広いところでは、ボムで相手を動かす


カーリングを使った戦術としては、僕はこれが好きです。
基本、滑ってきて厄介なボムなので、相手は逃げる傾向になります。
また、逃げる方向として、ボムと同じ方向か内側に対して逃げる方が多いです。
これを活用し、ボムと挟み撃ちにするのがとても楽しいです。

■狭い場所はあえて壁に当てて投げる


これは、足元の確保と、相手を撹乱するために行います。
ただし、ボムより先に行くのは危険です。あくまで相手を撹乱することが目的で追い詰めることが重要となります。
実際、これで突っ込み過ぎたらキルされるので使い所が難しいと思っています。

5:まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サブウェポンの「カーリングボム」を紹介しました。
爆発の範囲や特長を考えるとじつはかなりサポート向けなボムのように感じました。
味方の移動や相手を撹乱する目的で使うと意外と刺さることも実験中にわかったのでとてもいい勉強になりました。

今回はここまで。
リクエスト大募集しておりますので、気軽にご連絡ください。
また次回、お会いしましょう( ´∀`)

twitter.com

www.youtube.com

タイトルとURLをコピーしました